【高額落札のワケは?】80スープラ、初代NSXが、北米オークションに登場

公開 : 2020.03.17 06:10  更新 : 2021.10.11 09:31

人気上昇中の80スープラとNSXが、北米・フロリダのオークションに出品。どちらも低走行でマニュアル車だったため、驚きの高額で落札されました。

日本車ブーム 継続中

text:Kazuhide Ueno(上野和秀)
photo:RMSotherby’s

アメリカ東海岸のフロリダで開かれるアメリアアイランド・コンクール・デレガンスに集まるファンを対象に、RMサザビーズがオークションを開いた。

そこには2台の日本車が並んだ。アメリカで絶大な人気を集めているジャパニーズ・スポーツカーの中でも別格のトヨタスープラアキュラホンダNSXだった。

1455万円で落札された1993年のトヨタ・スープラ・ツインターボ。
1455万円で落札された1993年のトヨタ・スープラ・ツインターボ。

まずお目にかけるのは1993年のトヨタ・スープラ・ツインターボ・スポーツルーフ。1993年に登場した4代目となる80系である。

アメリカで80系スープラは、映画ワイルドスピードで主人公が乗っていたことから、ファンの間で高い人気を誇るモデルでもある。

ツインターボ/MTの80スープラ

出品されたのはツインターボでタルガトップのスポーツルーフ(日本ではエアロトップと呼ばれた)。6速マニュアル・ギアボックスを備え、最もハードで人気の高い仕様だった。

そして注目したいのは走行距離が9897マイル(1万5836km)と少なかったこと。それに加えて、オリジナルの姿を完璧に保っていたことだ。

1455万円で落札された1993年のトヨタ・スープラ・ツインターボの内装。
1455万円で落札された1993年のトヨタ・スープラ・ツインターボの内装。

新車で乾燥したコロラド・スプリングスに住むファースト・オーナーが昨年までコレクションしていた個体だけに、文句のないコンディションで生き残っていた。

事前の予想落札額は、12.5~15万ドル(1325~1590万円)という発表。

オークションが始まると熱い応札が続き、最終的にボトムラインを越える13.72万ドル(1455万円)で決着がつき、スープラとして最高額となった。

後期型の初代NSX

アメリアアイランド・オークションには、スープラのほかにジャパニーズ・スーパーカーの代表格といえる初代ホンダNSXのアメリカ向け輸出仕様であるアキュラNSX-Tが用意された。

このNSXはヘッドランプが固定式となった後期型。その最終生産分となる2004年モデルのベースグレードで、タルガトップのタイプTである。

1722万円で落札された2004年モデルのアキュラ(ホンダ)NSX。
1722万円で落札された2004年モデルのアキュラ(ホンダ)NSX。

注目したいのは人気の6速マニュアル・ギアボックス、そしてシルバーストーン・メタリックと名付けられたシルバーの外装色にオニキス・ブラックのインテリアという通好みの仕様。

なんといっても最大のセールス・ポイントは、走行8898マイル(1万4237km)という低走行車なこと。さらに、フルオリジナルの素晴らしいコンディションが保たれている。

記事に関わった人々

  • 上野和秀

    Kazuhide Ueno

    1955年生まれ。気が付けば干支6ラップ目に突入。ネコ・パブリッシングでスクーデリア編集長を務め、のちにカー・マガジン編集委員を担当。現在はフリーランスのモーター・ジャーナリスト/エディター。1950〜60年代のクラシック・フェラーリとアバルトが得意。個人的にもアバルトを常にガレージに収め、現在はフィアット・アバルトOT1300/124で遊んでいる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

トヨタ スープラの人気画像