【FRのBMWをオープンで手頃に楽む】BMW Z3(初代) 英国版中古車ガイド

公開 : 2020.04.15 10:20  更新 : 2021.07.12 18:46

知っておくべきこと

メーターパネルに表示されるサービンスインジケーターは簡単にリセットができる。過去の整備記録を精査して状態を確かめたい。

BMWの推奨する全合成オイルなら、9600kmほどで交換が必要。プラグやトランスミッション・フルードは、2万9000km毎、ブレーキフルードは2年毎に交換しておきたい。エアコンは4年のタイミングでガスチャージが必要だ。

いくら払うべき?

750ポンド(10万円)〜1999ポンド(27万円)

初期の1.9Lモデルで走行距離が長めのクルマ。

2000ポンド(28万円)〜3499ポンド(47万円)

状態のやや良い1.9Lモデルと、2.0、2.2Lモデル。走行距離は16万km前後。英国では2001年式2.2Lモデルで、走行距離12万kmのクルマが3250ポンド(44万円)だった。

3500ポンド(48万円)〜4999ポンド(67万円)

2000年以降で、走行距離は12万km前後の車両が中心。

5000ポンド(68万円)〜6999ポンド(94万円)

初期の2.8Lモデルのほか、3.0Lのモデルも含まれる。

70000ポンド(95万円)〜1万ポンド(135万円)

後期型で走行距離も短い、程度のいいクルマ。2.8Lや3.0Lなどが選べる。

英国で掘り出し物を発見

BMW Z3 2.8 登録:1999年 走行:14万4800km 価格:4500ポンド(60万円)

珍しいマニュアル車。シルバーのボディにレッドレザーが美しい。整備記録も整い、リアスクリーンは新品。Mスポーツのアルミホイールとレザーステアリングを備える。ラジエターはアルミ製の新品に交換済み。まだ状態の良いZ3が存在することの好例。

BMW Z3(初代)
BMW Z3(初代)

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

BMW Z3の人気画像