マツダ・ロードスター 「趣味車」なのに、30年間なぜ人気 開発者はどう考える?

2019.09.30

100字サマリー

2016年には、累計販売台数が100万台をこえたマツダ・ロードスター。2人乗りで、日常では不便なこともあります。が、なぜここまで売れ、愛されるのか。開発者に聞きました。

もくじ

誰もが純粋に、走る楽しさを味わえる
開発者が考察 30年間愛され続た理由
「運転する楽しさ」、30年間で変化した?
メーカー、「初代」大切にする気持ち強く

誰もが純粋に、走る楽しさを味わえる

text:Kumiko Kato(加藤久美子)

1989年にまずはアメリカから「MazdaMX-5 Miata」として発売(5月)された初代ロードスター。

日本では同年8月に「ユーノス・ロードスター」として予約注文をスタート、9月1日から発売が開始された。

初代マツダ・ロードスター
初代マツダ・ロードスター

今でこそ型式名の「NA」を付けて「NAロードスター」や「初代ロードスター」などと呼ばれているが、当時はみんな「ユーノス」と呼んでいた。

ちなみに、「ユーノス」とはマツダが当時敷いていた5チャンネル販売制(他に「アンフィニ」「マツダ」「オートザム」「オートラマ」)の1つである。

ロードスターはユーノス販売店で扱われる第一号車だったので、ユーノスと言えばユーノス・ロードスターの事だった。

この後、ユーノス500、ユーノス・コスモ、さらにはシトロエンまでが正規販売されたが1996年にユーノス販売店は終了している。

デビューした1989年の5か月だけで日本では9307台、翌年は世界で9万3626台もの台数が販売された。2シーターのスポーツカーとしては異例の大ヒットとなったのである。

その後、モデルチェンジを経て2000年5月には「2人乗り小型オープンスポーツカー生産累計世界一(53万1890台)」としてギネス世界記録に認定されている。

その後もこの記録は更新を続けており、2016年4月には生産累計100万台を達成した。

ロードスターの大成功は世界の自動車メーカーにとって、大きな衝撃となった。

いわゆる「Miata SHOCK」である。

MGF、MG RV8、BMW Z3、フィアット・バルケッタ、メルセデス・ベンツSLKベンツ、ポルシェ・ボクスター、アウディTTロードスター……どれも、初代ロードスターに大いなる刺激を受けて誕生したクルマたちである。

 
最新海外ニュース