【みんなのスポーツカー】ホンダS800 フィアット・スポーツ MGミジェット 前編

公開 : 2020.04.19 07:50  更新 : 2020.12.08 11:05

小さなスポーツカーのホンダS800とフィアット850スポーツ・スパイダー、MGミジェット。質素でも機敏で、オープンの楽しさを多くの人へ教えてくれたモデルです。メーカーの個性が色濃い3台を、比較試乗しました。

もくじ

コンパクトなスポーツカーの方程式
本田宗一郎が生み出したS800
ホンダを高回転域まで回す楽しみ
ベルトーネ・デザインの850スポーツ
イタリア流のドライビング・ポジション

コンパクトなスポーツカーの方程式

text:Simon Charlesworth(サイモン・チャールズワース)
photo:Will Williams(ウィル・ウイリアムズ)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
すべてが濃密で、運転の喜びを直接感じることのできる、理想的なスポーツカー。それは実用性や定員、快適性、洗練性、あるいは雨風を凌ぐという機能ですら、最低限が確保できれば充分という、ストイックな考え方にも展開しえる。

ホンダS800とフィアット・スポーツ・スパイダー、MGミジェットというコンパクトな3台も、その流れに沿うだろう。法定速度内でのドライブを濃密にする、最小のボディとエンジンを備えつつ、誰しもが運転を楽しめる。

ホンダS800スポーツ(1966年−1970年)
ホンダS800スポーツ(1966年−1970年)

シンプルこそ美徳という、レス・イズ・モアで成り立っている3台は、限られた馬力を最大限に活用することで、ドライバーへ至福の時間を味わわせてくれる。スピード違反というリスクを犯すことなく。

このコンパクトなスポーツカーという方程式を、うまく活用できた国は限られる。方程式自体を発案したといえるのは英国。イタリアはその方程式を展開し、洗練性を加えた。

1960年代までは、この2カ国のクルマが花形だった。ジミ・ヘンドリックスが鮮烈なデビューを果たしたように、新しいスポーツカーが日本からやって来るまでは。

ホンダから発表されたクルマには、常識にとらわれない発想が盛り込まれていた。同時に、第二次大戦後の苦しい名残りも見られた。

小さなボディに、高回転型1.0Lユニットをマウント。だがラダーフレームのシャシーを採用し、チェーン駆動という方式をとっていた。

本田宗一郎が生み出したS800

ホンダS800のオリジナルは、1962年に発表されたS360。本田宗一郎が、日本市場向けに考案した小型車のプロトタイプだ。宗一郎はエンジニアへ、S360に競争力を持たせるように指示。若い人が欲しいと思えるクルマを目指した。

プロトタイプは量産に至らなかったが、日本市場向けとしてS500へと進化する。S360には、T360トラック用の356cc 4気筒エンジンが選ばれていたが、S500が積むのは44psの531cc4気筒だった。

ホンダS800スポーツ(1966年−1970年)
ホンダS800スポーツ(1966年−1970年)

1964年になるとS600が登場。オープンボディに加えて固定ルーフのクーペも追加された。エンジンは57psを発生する606ccへと拡大している。

このS600は大量生産され、左ハンドル市場へ輸出される初のホンダ車となった。1966年には、71psを発生する791cc4気筒エンジンを搭載したS800が登場。1967年に英国での販売が始まっている。

1968年には、よりクリーンで安全なS800Mが登場。北米市場を意識したクルマだったが、最終的にアメリカ大陸への上陸はかなっていない。

大排気量エンジンを積んだガスイーターを愛した北米の人たちは、小さなホンダは環境に悪いと主張したようだ。不思議な話だが。S800Mの生産は1970年に終了している。

今回登場願った、ライトブルーのホンダS800は1967年式。ニール・バーバーがレストアをしたクルマで、あちこちにミジェットからのヒントを見て取れると話す。コレクションの中でも特にお気に入りの1台となっている。

関連テーマ

 
最新試乗記