【手頃な価格でも整備費用は侮れない】BMW X5 英国版中古車ガイド E70型

公開 : 2020.04.22 10:20  更新 : 2021.07.12 18:46

知っておくべきこと

初期のディーゼルエンジンでは、吸気マニフォールドのバタフライバルブが壊れることがある。改良版の部品でも壊れる。10万kmか4年毎には交換した方が無難だ。

いくら払うべき?

4000ポンド(54万円)〜8900ポンド(120万円)

2008年から2009年の、初期のクルマが中心。一部は7シーターもある。走行距離は短い方が良い。

9000ポンド(121万円)〜1万999ポンド(147万円)

19万kmくらいまでの前期モデルも含まれているが、全般的に走行距離は短くなってくる。

1万1000ポンド(148万円)〜1万4499ポンド(194万円)

2010年式が増えてくる。フェイスリフト後の30dや40dも出てくる。

1万4500ポンド(195万円)〜1万6999ポンド(229万円)

2011年から2012年式の車両が中心。走行距離は12万kmくらいが中心。

1万7000ポンド(230万円)〜2万2000ポンド(297万円)

後期モデルで、ハイスペック・グレードが選べる。走行距離は8万km以下に絞りたい。

英国で掘り出し物を発見

BMW X5 3.0d Mスポーツ xドライブ 登録:2011年 走行:8万3600km 価格:1万4699ポンド(198万円)

BMWでの完璧な整備記録が選びたくなる特徴。2オーナー車であることも、しっかり走るクルマの証。タイヤの状態も良いようだ。パノラミックガラスルーフは付いていないが、ランフラットタイヤを履く。

BMW X5(E70型・英国仕様)
BMW X5(E70型・英国仕様)

関連テーマ

おすすめ記事

 

BMWの人気画像