【日本導入】ロータス・エヴォーラGT410 価格/内装/GT410スポーツとの違いは?

公開 : 2020.04.22 00:00

ロータス・エヴォーラの新モデル「エヴォーラGT410」が、日本に登場。本日から受注がはじまります。「GT410スポーツ」に比べて、快適性能も考慮されたのが特徴。日本価格、スペックも判明しました。

エヴォーラの新モデル「GT410」とは

ロータスカーズの日本総代理店「エルシーアイ」が、ロータス・エヴォーラの新モデル「エヴォーラGT410」の受注を開始した。

既存のエヴォーラGT410スポーツは、シャシー性能をスポーツ性能に特化したモデルである。これに対して、今回発売された「エヴォーラGT410」は、コンフォート性も考えられているのが特徴。

新たに日本市場に導入されたエヴォーラGT410。
新たに日本市場に導入されたエヴォーラGT410。

具体的には、「GT410スポーツ」ではスポーツサスを採用しているが、「GT410」はツーリング・サスペンションとしている。

これによりサスペンション・パッケージも変更され、アイバッハ製前後コイルスプリング+ビルシュタイン製ノンアジャスタブル・ダンパーというセットになった(GT410スポーツは超軽量ローサイドロードスプリング+スポーツダンパー)。

またタイヤについても「GT410スポーツ」のパイロット・スポーツ・カップ2から変わり、パイロット・スポーツ4Sを履く。

これ以外にも「GT410」は、GFRPフロントアクセスパネル&ルーフ、GFRP/ガラス・リアテールゲート、スパルコ製リクライニング対応スポーツシート、ケンウッド製ナビ/光ビーコン対応ETC2.0を標準装備。

車両重量は14kg増えているが、長距離走行にも適したパッケージとなっているわけだ。

GT410スポーツも仕様変更

これに合わせて既存の「GT410スポーツ」も仕様を一部変更した。

これまでのカーボンルーフからGFRPルーフに。カーボン・スポーツシートがスパルコ製リクライニング対応スポーツシートに。標準ナビがケンウッド製となり光ビーコン対応ETC2.0を搭載している。

エヴォーラGT410のGFRP/ガラス・リアテールゲート。
エヴォーラGT410のGFRP/ガラス・リアテールゲート。

また、これまでオプションだった防音仕様/マッドフラップが標準に。リチウムイオン・バッテリーから12Vウェットバッテリーに変更された。

さらに追加仕様/オプションとして、APレーシング4ポット・キャリパーにブラックとレッドの無償選択を追加。インテリア・カラーパックにメタリックブラック/アークティックシルバー/グロスレッド/ソリッドイエロー/メタリックオ
レンジ/メタリックホワイト/ソリッドレッド/ボディ同色をオプションで追加した。

外観では、外板色が以前の6色をカタログ落ちとして、新ペイント14色が追加されている。

ATはエヴォーラのみに

なお、これまでエキシージ・スポーツ350に設定されていたパドルシフト付き6速オートマティック・トランスミッションがラインナップを外れることとなった。

これにより、日本から新車の新規オーダーが可能なロータスの中で、AT車を選択できるのはエヴォーラGT410、GT410スポーツのみとなった。

エヴォーラGT410の内装。
エヴォーラGT410の内装。

ロータス・エヴォーラGT410の価格は1397万円。なお、GT410スポーツは1496万円だ。

ロータス・エヴォーラGT410 スペック

全長×全幅(ミラー除く)×全高:4390×1850×1240mm
ホイールベース:2575mm
車両重量:1375kg(6MT)/1382kg(6AT)
エンジン:3456ccV6スーパーチャージャー
最高出力:416ps/7000rpm
最大トルク:42.8kg-m/3500rpm
最高速度:305km/h(6MT)/275km/h(6AT)
0-100km/h加速:4.2秒(6MT)/4.1秒(6AT)

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        ×