【最大の違いが】なぜレクサスGSは、メルセデス・ベンツEクラスに負けて撤退するのか?

2020.06.01

メルセデスEクラスという存在

レクサスGSのライバル車は、メルセデス・ベンツEクラス、BMW 5シリーズ、アウディA6になる。これらの車種に比べて、GSは存在感が乏しい。

まずメルセデス・ベンツEクラスは、130年以上にわたる同ブランドの伝統を受け継ぐ基幹車種だ。

メルセデス・ベンツEクラス
メルセデス・ベンツEクラス    メルセデス・ベンツ

今のメルセデス・ベンツは、Aクラスなどコンパクトな車種やSUVを膨大にそろえてブランドの性格が曖昧になったが、かつては車種を絞って高級路線を明確に表現していた。

乗用車は今のメルセデス・ベンツEクラスに繋がる標準モデル、上級のSクラス、スポーツカーのSLのみであった。

そして1980年代にCクラスの前身となる190シリーズが登場する前は、Eクラスに繋がる標準モデルがコンパクト・メルセデスと呼ばれて親しまれた。

いわばメルセデス・ベンツEクラスはトヨタのクラウンのような求心力的な存在なのである。Cクラス以上に大切だ。

アウディも今はモデル数を増やしたが、以前はシンプルだった。

1960年代にアウディはフォルクスワーゲンの傘下に入り、1968年に発売されたのが、フォルクスワーゲン&アウディ・グループの最上級車種になるアウディ100だ。

BMWはどうか?

 

人気記事