【2代目 価格/サイズ/内装は?】メルセデス・ベンツ新型GLA、日本発売 2Lディーゼル、GLA 200 dのスペック情報

公開 : 2020.06.25 12:50  更新 : 2021.04.26 15:08

メルセデス・ベンツが「新型GLAクラス」を日本発表。2Lディーゼルの「GLA 200 d 4マティック」が導入されます。全高は約10cm高くなり、最低地上高は20cmを確保。日本価格、サイズ、内装を解説します。

はじめに 新型GLAクラスとは

text:Kazuhide Ueno(上野和秀)
画像・諸元値には欧州仕様の情報を含みます。

メルセデス・ベンツSUVラインのコンパクト・クラスを受け持つGLAが、フル・モデルチェンジされた。

新型GLAはGLCのモチーフを取り込んだ都会的なデザインでGLBと差別化し、オフロードの走破性を高めたクロスオーバー指向とされたのが特徴である。

新型メルセデス・ベンツGLA(欧州仕様)
新型メルセデス・ベンツGLA(欧州仕様)

近年はモデルチェンジの度に大型化する傾向があるが、新型GLAは先代に比べ全長が15mm短縮されたが、ホイールベースは30mm延長。注目したいのは全高を110mmほど高めてキャビンスペース、それも後席を中心に拡大したことだ。

日本にまず導入されるのは2Lターボ・ディーゼル・エンジンを搭載するGLA 200 d 4マティック。対話型インフォテインメント・システム「MBUX」、そしてSクラス同等となる最新の運転支援装備を搭載し、ドライバーにかかる負担を大きく軽減し安全性を提供する。

6月25日より予約注文の受付を開始し、7月からのデリバリーを予定している。

2代目に生まれ変わったGLAクラスがどのような進化を遂げたのか、これから詳しく見ていくことにしよう。

新型GLA 外観

エクステリア・デザインは最近のメルセデス・ベンツの各モデルに共通するモチーフでまとめられた。

短縮された前後オーバーハングによる凝縮感と柔らかな面で構成されたスタイリングで、クーペのようなルーフラインによりスタイリッシュに仕立てられている。

新型メルセデス・ベンツGLA 200 d 4マティック(日本仕様)。
新型メルセデス・ベンツGLA 200 d 4マティック(日本仕様)。

ラジエーターグリルにはメルセデス・ベンツのSUVに共通するデザインのバーが装備され、ファミリーの一員であることを主張する。

クローム仕上げのアンダーガードと2本のパワードームを備えたボンネットがSUVとしての存在感とパフォーマンスの高さを表現。

サイドシルまでを覆うドアは乗り降りのし易さと、乗員の衣服が汚れることを防ぐ実用的な意味合いのほか、側面衝突時の乗員保護性能を高めている。

また、フロントからリアにかけてのボディ下部にはプロテクターを装着し、クロスオーバーらしい力強いルックスに仕上げられた。

3サイズは、全長×全幅×全高が4415×1835×1620mmとなっている。

新型GLA 内装

新型GLAクラスの大きな進化点が、キャビンの拡大にある。

注目したいのは、車高を高めたことにより前席の着座位置が従来型より97mm、Aクラスと較べても140mm高められ、SUVならではの視認性の良さ・運転のし易さを実現していること。

新型メルセデス・ベンツGLA 200 d 4マティック(日本仕様)の前席内装。
新型メルセデス・ベンツGLA 200 d 4マティック(日本仕様)の前席内装。

前席ヘッドルームは22mm、室内幅はショルダー部分でフロントが28mm、リアが43mm拡大された。

特筆すべきはリアシートのフットスペースが116mmも広がったこと。後席の座面は60:40分割式で140mmのスライドが可能になった。

また、バックレストは40:20:40分割可倒式。荷室容積は定員乗車時で425Lへ拡大され、後席を折りたためば1430Lを確保する。

ダッシュボードはAクラスの流れを汲むデザインで、高精細10.25インチ・ワイドディスプレイが2基並ぶ。MBUXに連携したタッチスクリーン操作に対応し、開放感のあるデザインとされた。5つの円形エアアウトレットはアンビエント・ライトで彩られる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

      ×