【お買い得な二駆?】ポルシェ・タイカン、中国で入門グレード 後輪駆動仕様を発売

公開 : 2020.07.02 11:35  更新 : 2021.02.10 17:27

後輪駆動のポルシェ・タイカンが中国に上陸しました。最高出力475ps、航続距離490kmを実現し、タイカン4Sより20%安く販売されます。入門グレードとしてシリーズの足元を固め、テスラ・モデルSに対抗します。

後輪駆動の入門モデル

text:Felix Page(フェリックス・ペイジ)

ポルシェは電動サルーン、タイカンの後輪駆動仕様を入門グレードとして発表した。

「フルに電動化されたポルシェの世界への完璧なエントリーポイント」と謳われている。

ポルシェ・タイカン
ポルシェ・タイカン    ポルシェ

単に「タイカン」と名付けられたこの新モデルは、4S、ターボ、ターボSに続く4番目のバージョンとなり、テスラ・モデルSに対抗する陣営を固めるものだ。

ポルシェの広報担当者がAUTOCARに語ったところによると、「中国以外の市場での発売予定は確定していない」という。

後輪車軸のみに動力を供給する初のモデルである。

リアに搭載された1基の同期モーターは、標準仕様の79.2kWhバッテリーと組み合わせて407psを発生するが、93.4kWhのパフォーマンスバッテリー・プラスと組み合わせれば475psにアップできる。

68psの差があるものの、どちらもローンチ・コントロールにより0-100km/h加速を5.4秒で駆け抜け、最高速度は230km/hに達するとされている。

4Sの0-100km/h加速4.0秒、最高時速250kmと比較すると、タイカンのなかではやや抑えたパフォーマンスといえる。

最長となる航続距離490kmを実現

航続距離は、中国のNEDCサイクルで79.2kWhバッテリーが413km、93.4kWhではモデル最長となる490kmを実現している。

しかし、NEDCの数値は非現実的なものであることで知られており、より厳しい欧州WLTPサイクルでどのような結果を出すかはまだ確認されていない。

ポルシェ・タイカン
ポルシェ・タイカン    ポルシェ

ポルシェによると、265kWの回生ブレーキにより、「日常的な使用におけるブレーキ操作の大半は、電気モーターだけで行われる」という。

モデル名のロゴ以外で、エントリーグレードであることを確認できる外見上の違いはほとんどない。

見分けるポイントは、ブラックのブレーキキャリパーとカスタムメイドの19インチ「タイカン・エアロ」ホイールくらいだ。

標準では、従来のスチールスプリング式サスペンションが採用されているが、上位グレード向けのアダプティブ・エアサスペンションがオプションとして用意されている。

どちらもポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネジメント(PASM)と組み合わされている。

市場に特化したモデル展開

価格は88万8000中国元(1353万円)からとなっている。4Sよりも20%安い設定だ。

ポルシェのオリバー・ブルーメCEOは、昨年AUTOCARに対し、バッテリー構成を変えることで、市場に特化した電動モデルの導入を可能にしていると語った。

ポルシェ・タイカン
ポルシェ・タイカン    ポルシェ

「将来的には、ポルシェは世界中で同じデザイン、同じ技術、同じ品質で認識されるようになるでしょう」

「しかし、法律に応じて特定の国向けに特別なモデルを開発したり、ソフトウェア面では、顧客のさまざまなニーズに対応した特別なソリューションを開発したりする予定です」

「例えば、中国向けにエントリーレベルの車を作ることができます。一方で、オーダーメイドのハイエンドモデルも可能です」

「これは市場によります。特にアメリカと中国では、より上質なモデルやパワフルなモデルへの需要があるでしょう」

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事