【究極のハードコア】ポルシェ911 GT3 RS新型(992世代)、開発車両を初撮影 2021年後半に発表か

公開 : 2020.08.28 06:50

992世代の新型「ポルシェ911 GT3 RS」の開発車両が撮影されました。本格的なレーシング仕様の軽量ボディに、自然吸気のフラット6を搭載。520ps以上を発揮することが期待されています。

もくじ

次期GT3 RS 巨大ウイングを搭載
991スピードスターのフラット6搭載か

次期GT3 RS 巨大ウイングを搭載

text:Lawrence Allan(ローレンス・アラン)

992世代ポルシェ911の中でも、サーキットにおける性能を最も重視したモデルである新型911 GT3 RS。その開発車両がテストを行う様子が、初めて撮影された。

2021年の欧州発表が予想されているこのハードコアモデルは、先日カメラに収められた新型GT3の標準モデルをベースとしている。

ポルシェ911 GT3 RS プロトタイプ
ポルシェ911 GT3 RS プロトタイプ

本格的なレーシング・マシンの911と同等のダウンフォースを生む巨大なデュアルウィング・スポイラーを見れば、これが標準モデルではないことは分かるだろう。

ディフューザーエレメントが組み込まれた新しいリアバンパー、改良型のセンター出しテールパイプ、ボンネットとフロント・ホイールアーチのエアベント、大型のフロント・スプリッターも確認することができる。

991スピードスターのフラット6搭載か

新しいGT3 RSの詳細なスペックは、明らかにされていないが、991世代の911スピードスターで初採用された4.0L水平対向6気筒の自然吸気エンジンを搭載することをAUTOCARでは掴んでいる。

スピードスターは、510ps/47.8kg-mを発揮し、エンジン最高回転数は9000rpm。これを操るギアボックスはマニュアルのみとなっている。

ポルシェ911 GT3 RS プロトタイプ
ポルシェ911 GT3 RS プロトタイプ

標準の新型GT3のパフォーマンスが、それに近づくことが期待されており、現行のGT3 RSの出力が520psであることを考えると、新モデルはさらに上をいく可能性があるだろう。

インテリアは、軽量化のため簡素化され、販売される911バリエーションのうち、最も軽量なモデルとなることが予想されている。

パンデミックの影響により、新型GT3の発表は2021年の初めになると予想されており、GT3 RSは、その後おそらく来年後半に発表されるだろう。 

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事