【突如出現】左ハンドルのトヨタ・アルファード、中古車サイトに どこから来た? 意外な人気の理由は

公開 : 2020.10.08 07:40  更新 : 2021.04.12 14:44

「希少な左ハンドル車」。そう書かれたトヨタ・アルファードが日本の中古車情報サイトで販売されています。なぜ左ハンドルのアルファードが日本で売られているのか? 実際に買うと? 人気の理由まで取材しました。

もくじ

左ハンドルのアルファード 正体は?
謎の左ハン コロナ禍が関与していた
ロシア仕様と日本仕様、違いはどこ?
新車装着のタイヤ 実は銘柄が異なる
アルファード逆輸入 検査はスムーズ
左ハン・アルファード 今後どうなる

左ハンドルのアルファード 正体は?

text:Kumiko Kato(加藤久美子)

日本の中古車情報サイトでアルファードの価格を見ていた時のこと。

車両本体価格798万円、総支払額850万円という新車のアルファードが数台並んでいるのに気が付いた。グレードはすべて最上級の「エグゼクティブラウンジ」である。

岐阜県岐南町の中古車販売店で販売されている大量の左ハンドル・アルファード。
岐阜県岐南町の中古車販売店で販売されている大量の左ハンドル・アルファード。    株式会社リアル REAL CO.,LTD.

新車と書いてあるが保証については様々だ。

そして説明書きには意外な一言が記されていた。

「希少な左ハンドル車」。え? 左ハンドル?

車両紹介の写真を見ると確かに左ハンドルだ。どこから来たクルマなのか?

よく見てみると、センターコンソールのタッチパネル画面の上部にキリル文字のロシア語が表示されていた。

説明文には「30台のご用意があります」とも書いてある。

なぜロシアのアルファードが日本の中古車販売店で売られているのか?

中古車販売店を経営する知人数名にも聞いてみたが、おそらくこんなに大量の左ハンドル・アルファードが販売されるのは初めてではないか? ということだった。

この謎を解くべく、もっとも多い台数が中古車情報誌に掲載している、岐阜県岐南町の中古車販売店「リアルカースタジオ」に聞いてみることにした。

謎の左ハン コロナ禍が関与していた

答えてくれたのは「株式会社リアル REAL CO.,LTD.」代表取締役の毛利竜也さんだ。

同社は世界各地に海外事業部を有し、レクサスLX570やランドクルーザー、ジムニー、パジェロなどの左ハンドル車をはじめ、日本では入手が難しい車両を世界から輸入販売している。多くの実績を持つ自動車販売会社だ。

左ハンドルのトヨタ・アルファード。
左ハンドルのトヨタ・アルファード。    株式会社リアル REAL CO.,LTD.

アルファードに関しては初めて左ハンドル車を輸入したという。どういう経緯だったのか。

――左ハンドルのアルファードはどのような経緯で日本に入って来たのでしょうか?

「コロナ感染拡大防止のため、世界多くの港がロックダウンとなったことに始まります」

「弊社は欧州やドバイでクルマを購入してカンボジアや中国、アフリカなどに輸出しています。今回のアルファードも、海外で販売予定でした」

「いつも通り、ロシアで購入した50台のアルファードを中国はじめ、アジアの国々で販売するために船に載せたのですが、コロナが世界各国に広まっていくうちにアジアの国々は次々と港を閉めてしまいました」

「目的の港でアルファードをおろせないのはもちろん、ロシアに戻ることもできません。これが5月の中旬位でしたね」

「そこで、いっそのこと日本に持ってきて売ってみようかというアイデアが生まれました」

「アルファードは日本でも大人気ですし、ステイタス性に加えて希少な左ハンドルのアルファードはきっと新たな価値を見出してくれるだろうと」

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事