【ライバルPHEV以上の魅力】ジープ・レネゲード4xe トレイルホークへ試乗 前編

公開 : 2020.10.17 10:20

プラグイン・ハイブリッドを獲得した小さななジープ、レネゲード。高めの価格とオンロードでの洗練性が気になるものの、オフロード性能はジープとして一級品。ライバルPHEV以上の訴求力だと、英国編集部は評価します。

もくじ

ジープ初のPHEVでCO2削減を狙う
都市部で使えるレネゲード
車内は狭めながら個性的なルックス
シンプルに運転できるPHEV

ジープ初のPHEVでCO2削減を狙う

text:Matt Saunders(マット・ソーンダース)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
ジープとしては初となる、プラグイン・ハイブリット(PHEV)のレネゲードが登場した。古くからのジープ・ファンは、ラダーフレームを失うことと同様に、PHEV版にも疑問を持つかもしれない。

しかし、存在理由は明白。欧州市場では、ジープというブランドはここ10年で急成長を遂げている。その成長を欧州で継続させるには、可能な限り迅速にCO2の排出量を削減しなければならない。

ジープ・レネゲード4xe トレイルホーク(英国仕様)
ジープ・レネゲード4xe トレイルホーク(英国仕様)

CO2の排出量を減らせれば、英国では自動車税の減額にも結びつけられる。ジープにとって、プラグイン・ハイブリッドは大切な存在なのだ。コンパスやラングラーといった、より本気のジープにもPHEV版が追加される予定があることは、ニュースでもお伝えしているとおり。

ジープというブランドは、古くから続くテーマを引用して、現代モデルの差別化につなげてきた。通常のクルマでは到達できないような、日常からかけ離れた場所へ向かうことができる、圧倒的なオフロード性能。そして、より自由なライフスタイル。

そんなイメージで、ラングラーは売れてきた。それがジープだ。

一方で、オペル・グランドXやミニ・カントリーマン(クロスオーバー)など、PHEV版も選べるSUVが登場している。実際SUVに乗っていても、山に登るのではなく、日常的にオフィスへ向かうことの方が多いはず。

都市部で使えるレネゲード

英国では、会社からの貸与車両の場合、PHEVは自動車にかかる税金を安くできる。かといって、貸与車両で週末に大自然へ冒険へ出かけようと思う割合は、どの程度あるのか疑問ではある。

レネゲードのパンフレットにも、オフロードと共存するライフスタイルが描かれている。ジープの担当者も、多くのオーナーが荒野を楽しんでいると話すだろう。しかし、PHEV版のレネゲードは少し違うはず。筆者は、悪路を目指す人が多いとは思わない。

ジープ・レネゲード4xe トレイルホーク(英国仕様)
ジープ・レネゲード4xe トレイルホーク(英国仕様)

都市部で使えるレネゲードだからこそ、CO2の排出量の少なさがアピールポイントになる。英国で税率の基準となる、50g/kmのCO2排出量を切るには、3段階あるトリムグレードのうち、下側の2つを選ぶことになる。

ほかのPHEVと同様に、ガソリンエンジン版と比べると価格はまだ高い。レネゲード4xeの場合、エントリー・グレードのレネゲードより約40%多い予算が必要だ。価格は3万ポンド(402万円)を超えるが、安い税金で、ハードルは下げられるだろう。

AUTOCARでは、PHEV版レネゲードの190ps版をイタリアで試乗済み。今回試乗するのは240psのトレイルホーク。英国ではトップグレードとなり、CO2の排出量は50g/kmを超え、ほかのグレードより英国での税率は高くなる。

レネゲード4xeが搭載するエンジンは1.3Lの4気筒ガソリンターボで、前輪を駆動。さらに60psの電気モーターが、後輪を駆動する。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事