【価格/サイズ/Mモデルは?】BMW 4シリーズ・クーペ新型、日本発売 420iとM440i xドライブを解説 ハンズ・オフ機能も

公開 : 2020.10.16 10:05  更新 : 2020.10.16 10:21

新型4シリーズ ADAS/装備

安全機能や運転支援システムにおいても、新型4シリーズは最新世代へと進化している。

3シリーズ同様に、高性能3眼カメラ&レーダー、および高性能プロセッサーによる高い解析能力の最先端運転支援システムを標準装備。

BMW新型4シリーズ・クーペの後席内装
BMW新型4シリーズ・クーペの後席内装

高速道路での渋滞時において、ドライバーの運転負荷を軽減し安全に寄与する「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」も装備する。

これにより、一定の条件下において、時速60kmまでならステアリングから手を離しての走行が可能となっている。

また、最先端の運転支援システムも標準装備。アクティブ・クルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付き)、レーンチェンジ・ウォーニング(車線変更警告システム)およびレーンディパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告システム)、ステアリング&レーン・コントロールアシスト、サイドコリジョン・プロテクションおよび衝突回避・被害軽減ブレーキ(事故回避ステアリング付き)、クロストラフィック・ウォーニング、ペダル踏み間違い急発進抑制機能などを標準装備することにより、サポカー補助金の対象モデルとなっている。

さらに、パーキング・アシスタントも標準装備し、車両が直前に前進したルートを最大50mまでを記憶し、その同じルートをバックで正確に戻ることが可能となるリバースアシスト機能を採用。細い道での対向車とのすれ違いに困った際など、安全かつ正確に、元のルートに復帰することができる。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事