【価格/サイズ/Mモデルは?】BMW 4シリーズ・クーペ新型、日本発売 420iとM440i xドライブを解説 ハンズ・オフ機能も

公開 : 2020.10.16 10:05  更新 : 2020.10.16 10:21

新型4シリーズ 内装

外観は3シリーズとしっかり差別化された4シリーズだが、インテリアの基本デザインは大きくは変わらない。

メーターパネルには全面液晶のモニターを採用し、センターダッシュ上にはカーナビなどを表示する大型のモニターが備わる。

BMW新型4シリーズ・クーペ「M440i xドライブ」の前席内装
BMW新型4シリーズ・クーペ「M440i xドライブ」の前席内装

センターダッシュは少しドライバー側にオフセットしたドライバーオリエンテッドな配置とし、センターコンソールにはATのシフトノブとiドライブのダイヤルなどを配した。

また、ベースグレードの「420i」以外は、センターコンソールにソフト素材が採用されている。

従来型よりサイズアップしたため、居住空間は広くなり、とくにリアシートは快適性がアップしているはずだ。リアシートバックは40:20:40の3分割可倒式で、ラゲッジスペースはリアシートバックを倒さなくても440Lが確保されている。

車載通信モジュールにより、ドライバー、クルマ、そして取り巻く情報をITネットワークで繋ぐ「BMWコネクテッド・ドライブ」も標準装備。最新のスマートフォン用アプリ「BMWコネクテッド(iOSのみ対応)」の導入で、より快適でスマートなモビリティライフをサポートする新しいパーソナル・アシスタントサービスとなっている。スマートフォンで事前に検索した目的地を車両に送信したり、また車両のキーの代わりにiPhoneをドアハンドルにかざすことで車両のロック解除/施錠、さらにはエンジンの始動もできる。

また、AI技術を活用することで、音声会話だけで車両の操作や情報へのアクセスが可能となる「BMWインテリジェント・パーソナルアシスタント」も装備。ドライバーが名前を自由に付けることが可能で、システムを起動する際に「OK、BMW」だけでなく、「4シリーズ」など、言葉を任意に設定することができる。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事