【フロントグリルを許せる走り】最新BMW 4シリーズ M440i xドライブへ試乗 前編

公開 : 2020.10.25 10:20

素晴らしい3.0L直6ターボと8速AT

さらに2021年には、3.0L直列6気筒ディーゼルターボが追加予定。290psと340psの設定で、430d xドライブとM440d xドライブとして英国に導入される見込み。

今回試乗したM440i xドライブは、モデルの中で最もパワフル。従来の440i比で43ps増しの、374psを獲得している。

BMW 4シリーズ M440i xドライブ(欧州仕様)
BMW 4シリーズ M440i xドライブ(欧州仕様)

M440i xドライブに搭載されるエンジンは、3.0L直列6気筒ターボ。M340i xドライブのほか、ほかのBMW製モデルにも積まれているユニットだ。トルクコンバーター式の8速ATと、電子制御のリアデフを含む、四輪駆動システムもM340i xドライブと共有する。

このM440iのエンジンで、際立つ個性が回転のスムーズさと、吹け上がりの良さ。加えて、低回転域でのピックアップの鋭さと、中回転域での柔軟性も目をみはるほどイイ。

背中がシートに押し付けられるような、次期M4と同等の加速は得られない。しかし、50.9kg-mの最大トルクを1900rpmから発生し、とても扱いやすい。フルスロットルの鋭い中間加速と、ハーフスロットルのリラックスした走りを、両立させている。

さらにトランスミッションも素晴らしい。低回転域でのAT任せの変速でも、マニュアル・モードで6800rpmまで引っ張りシフトパドルを弾いても、常にスムーズで素早い。

ドライビング・モードは、エコ・プロ、コンフォート、スポーツの3段階が基本設定。ほかに運転条件で3段階の内容が任意で組み合わされる、アダプティブ・モードが選べる。シフトパドルの操作でスポーツ・モードに変わる、スプリント・モードも追加された。

この続きは後編にて。

 

人気記事