【フロントグリルを許せる走り】最新BMW 4シリーズ M440i xドライブへ試乗 前編

公開 : 2020.10.25 10:20

引き上げられたインテリアの知覚品質

インテリアは、3シリーズで見慣れた光景。ダッシュボードは水平方向に層が重ねられたデザインで、メーターパネルには12.3インチ、インフォテインメント・システムには10.3インチのモニターを採用する。

M440i xドライブの場合、インフォテインメント・システムはタッチモニターでの操作のほか、便利なロータリー・コントローラーも残っている。オプションで、音声認識機能とジェスチャー・コントロールでも操作が可能だ。

BMW 4シリーズ M440i xドライブ(欧州仕様)
BMW 4シリーズ M440i xドライブ(欧州仕様)

インテリアの知覚品質は、先代よりはるかに高い。用いられている素材や仕上げも上質。

ドライビング・ポジションは、3シリーズとは驚くほど違う。フロントガラスが大きく寝かされ、フロントシートの取り付け位置も低い。操作スイッチが沢山付いたステアリングホイールの位置も、かなりの調整幅がある。

車内空間でBMW 4シリーズを選ぶ人はいないと思うが、先代より明らかに広くなっていることも特長。ただし、リアシートは座面がかなり低いものの、頭上空間は限定的。BMWによれば、それでも余裕は増しているという。荷室容量は5L小さくなり440Lだ。

現時点では、2代目4シリーズ・クーペには、6種類のグレードがアナウンスされている。英国では、エンジンは4種類から選べる。

ベースグレードとなるのが、2.0L 4気筒ターボ・ガソリンで、186psが420iに、261psが430iに搭載される。どちらも後輪駆動が標準になる。

ディーゼルエンジンは、2.0L 4気筒ターボで、192psの設定で420d xドライブに積まれる。こちらは電圧48Vのマイルド・ハイブリッド仕様で、四輪駆動となる。

 

人気記事