【詳細データテスト】トヨタGRヤリス 文句なく速い 俊敏ながら高い安定性 最高のドライバーズカー

公開 : 2021.03.13 20:25  更新 : 2021.04.18 22:34

快適性/静粛性 ★★★★★★★☆☆☆

もしもGRヤリスの精神的な先達たち、たとえばランエボやスバルインプレッサWRXのようなクルマたちの話をするなら、快適性や静粛性についてはお茶を濁すことだろう。

しかし、いかなる四駆のクローズドボディにも負けない運動性や速さを備えていながら、GRヤリスは日常使いにおいてもかなりいい。

騒音低減デバイスと適度なギア比設定により、ストレスのない日常使いができる。ホモロゲーションモデルを想定したクルマとしては、ほかにないほど楽に付き合えるはずだ。
騒音低減デバイスと適度なギア比設定により、ストレスのない日常使いができる。ホモロゲーションモデルを想定したクルマとしては、ほかにないほど楽に付き合えるはずだ。    LUC LACEY

ひとつには、アクティブノイズコントロールの存在によるところが大きい。これにより、騒音レベルがほどほどに抑えられているのだ。ハンズフリー通話や同乗者との会話は、より上級のハッチバックやスポーツサルーンほどたやすくはないが、厄介だというには程遠い。

また、平均的なギア比配分のトランスミッションによって、エンジンは113km/h走行時でも3000rpmをわずかに下回る。旧車乗りなら、ガソリン車のじつに標準的なトップギアだと思うはずだ。速度を維持しようと躍起になっても、納得できる燃費を楽に出せる。

だからこそ、モード燃費を稼ぐための過剰にオーバードライブ寄りのギアは用意されていない。CO2排出量を減らしたり、高速道路を走行中に電話を受けたりするのには向いていないが、運転は楽しめる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

GRの人気画像