【詳細データテスト】トヨタGRヤリス 文句なく速い 俊敏ながら高い安定性 最高のドライバーズカー

公開 : 2021.03.13 20:25  更新 : 2021.04.18 22:34

内装 ★★★★★★★★☆☆

エクステリアとは異なって、インテリアに通常のヤリスとの大きな差は見出せない。相変わらずやや質素でモノクロなタッチは、トヨタ車の多くに通じるものだ。

パフォーマンスカーらしさを加える要素もちらほら見てとれるが、それもGRのバッジ追加や、アルカンターラ的な素材を張ったシートと内装トリムといった、どちらかといえばコンサバティブなやり方だ。

過度にスポーティな演出はされていないが、エルゴノミクスに優れ操作しやすいコクピット。シートは硬めで座面がやや高いものの、サポート性に優れ快適だ。運転に集中できる環境だと言える。
過度にスポーティな演出はされていないが、エルゴノミクスに優れ操作しやすいコクピット。シートは硬めで座面がやや高いものの、サポート性に優れ快適だ。運転に集中できる環境だと言える。    LUC LACEY

そのシートは硬いが快適で、胴やヒップ、太もものサポートもかなりしっかりしている。着座位置はそこそこ高く、どちらかといえばペダルまでの距離は近いが、ドライビングポジションはおおむね楽なものだというのがテスター陣に共通する意見だ。

唯一、スロットルとブレーキのペダル感覚だけは賛否両論あった。シフトダウン時のヒールアンドトウが、理想より多少やりにくいという声も上がったのだ。ついでに言うなら、ルームミラーが左折時の視界に入り込むのも気になった点だ。

エルゴノミクスの大部分は、理に適ったアプローチが取られている。それはシフトレバーの位置にも表れていて、変速操作がしやすいよう、50mm高く設置された。そのすぐ前には、大ぶりなダイヤル式の走行モードセレクターを配置。モードは3つから選択できる。

そのほかには、センターコンソールに3つの、これも大きめなボタンが見つけられる。トラクションコントロールとアイドリングストップ、そしてMTの回転数マッチング機能のスイッチだ。

キャビンは身体にぴったりくるようなスペースだが、これが路上ではGRヤリスのコンパクト感をより強く感じさせてくれる。とりわけ、主要な操作部との近さが、そうした効果をもたらしている。

見映えは過度にスポーティではないかもしれないが、運転環境はドライビングそのものに焦点を当てて、目的がはっきりした仕立てになっていると言っていいだろう。

いっぽう、実用性は限定的。後席は小さな子ども用といった広さしかなく、荷室容量もたったの174Lしかない。コンパクトカー水準に照らしても、控えめなほうだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

GRの人気画像