【RSも導入】アウディeトロンGT 日本価格/サイズ/内装 EVの新型4ドア・クーペ 今秋発売へ

公開 : 2021.04.06 16:55  更新 : 2021.11.11 13:20

アウディeトロンGT シャシー

eトロンGTのプラットフォームは、じつはポルシェのEVスポーツカー「タイカン」と共通の「J1」をもとに、アウディ・スポーツGmbHで開発された。

したがって生産はR8やエンジン車のRSシリーズと同じ、アウディの拠点であるネッカーズルムのベーリンガーホフ工場で行われている。

アウディeトロンGT(欧州仕様)
アウディeトロンGT(欧州仕様)    アウディ ジャパン

サスペンションは前後ともスポーティモデルの定番でもあるダブルウイッシュボーン式を採用。リンクやサブフレームを含むほとんどすべての部品は、アルミニウムの鋳造または鍛造となる。

電子制御ダンパーは標準装備で、3チャンバー式エアサスペンションはRS eトロンGTに標準装備、eトロンGTにオプション設定。アウディ・ドライブセレクト・ダイナミックハンドリングシステムも標準装備し、エアサスペンション、ダンパー、電気モーター、2速トランスミッション、リアアクスル・ディファレンシャルロックを好みの設定にできる。

パワーステアリングは電動で、スポーティでダイレクトなギア比が設定され、洗練された作動を特徴とする。

また、オールホイールステアリング(四輪操舵)もオプション設定される。このシステムは、スピンドルドライブを使用することで、リアホイールを最大2.8度ステアすることができるもの。車速が約70km/h以下の領域では、後輪は取回しをよくするために前輪と逆位相に転舵し、約80km/h以上の領域では、走行安定性を高めるために同位相に転舵する。

ブレーキは、eトロンGTではスチールディスクが標準装備されるが、RS eトロンGTではタングステンカーバイドコーティングを施した鋳鉄ディスクを採用。これは、eトロンGTにもオプションで装着が可能だ。

アウディeトロンGT 装備

運転支援システムに関しては、アウディ・プレセンス・セーフティシステムをはじめ、アダプティブ・クルーズコントロール、サイドアシスト、ターンアシスト、エマージェンシーアシストなどを標準装備。

電気自動車ながらeトロンGTはサウンドにもこだわり、ユニークな走行サウンド「eトロン・スポーツサウンド」を装備した。

アウディRS eトロンGTの内装(欧州仕様)
アウディRS eトロンGTの内装(欧州仕様)    アウディ ジャパン

ラゲッジコンパートメントに設置された2つのコントロールユニットとアンプから構成されるこのシステムは、法令で規定されている20km/h以下での走行時や駐車時の人工音に加え、アウディ・ドライブセレクトの設定に応じて、エクステリアとインテリアのサウンドを別個に生成し、車内と車外にそれぞれ2つ設置したスピーカーから再生する(オプション装備の予定)。

インテリアの項でも紹介したが、インフォテインメント関連は、12.3インチのアウディ・バーチャルコックピット・プラスと10.1インチのセントラルMMIタッチディスプレイを標準装備し、音声によるオンラインサーチやパーソナライゼーション機能をはじめ、Wi-Fiホットスポットを備えたMMIナビゲーションプラスを標準装備し、アウディ・コネクトの幅広いサービスを提供する。

また、急速充電ステーションを使用して最短の充電時間で最速ルートを計算するためのeトロン・ルートプランナーも搭載。

Qi規格のスマートフォン非接触充電や、バング&オルフセンのプレミアムサウンドシステムなども選択が可能だ。

アウディeトロンGT 価格/日本発売時期

冒頭にも記したように、日本での発売は今秋の予定。

消費税込みの日本価格は、eトロンGTが1399万円、RS eトロンGTが1799万円。

アウディRS eトロンGT(欧州仕様)
アウディRS eトロンGT(欧州仕様)    アウディ ジャパン

なお、日本仕様の詳細に関しては、国土交通省の認可を取得後に発表される予定だ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

アウディ eトロンGTの人気画像