【広汽ホンダ】ブリーズPHEVとは? 新型プラグイン・ハイブリッド、年内に中国発売へ

公開 : 2021.04.19 13:39  更新 : 2021.07.27 14:50

ホンダ・ブランドの新型PHEVが、上海モーターショー2021でデビュー。「ブリーズPHEV」は、2021年後半に、中国で販売される予定です。

上海モーターショー2021 広汽ホンダ・ブース

ホンダの新型PHEVが、上海モーターショー2021でデビューした。

ホンダの合弁企業、広汽ホンダが、HONDAブランドとして初めて送り出すプラグイン・ハイブリッド車「ブリーズPHEV」である。

ホンダ・ブリーズPHEV
ホンダ・ブリーズPHEV    ホンダ

ブリーズ(Breeze)は、同社が販売している全長4.6mクラスのSUVモデル(CR-Vベース)で、これまで内燃エンジン車とハイブリッド車を現地で展開していた。

同社は、「ホンダ独自の2モーター・ハイブリッド・システム、スポーツ・ハイブリッドi-MMDをベースに、EVのようなフィールやトルクフルな走りを、日常走行のほぼ全領域で実現」すると説明。

EVとハイブリッド車の強みを融合したプラグイン・ハイブリッドであれば、「長距離走行においても電欠に対する不安がない」という点を訴求していく。

広汽ホンダは、「今年の後半に中国での発売を予定」と発表している。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

ホンダの人気画像