【標的はウルスやRS Q8】ポルシェ・カイエン・クーペ 最速版の試作車へ試乗 640ps

公開 : 2021.05.25 08:25

2021年後半の発表が予定されている、カイエン・クーペのトップグレード。640psを得る完成前のスーパーSUVへ、英国編集部が試乗しました。

もくじ

4.0L V8ツインターボは640psに向上
日常利用もはばからない乗り心地と取り回し
突出した直線安定性と加速性能
最も機敏にボディが動くカイエン

4.0L V8ツインターボは640psに向上

text:Greg Kable(グレッグ・ケーブル)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
2021年後半にデビューが予定されている、ターボS Eハイブリッドの上を行くカイエン。ランボルギーニ・ウルスやベントレー・ベンテイガ・スピードなどの直接的なライバルが、グループ内で生まれようとしている。

4.0L V8ツインターボ・ガソリンエンジンはさらにチューニングを受け、最高出力640psを獲得。グレード名はまだ明らかになっていないが、トップパフォーマーのボディスタイルはクーペのみになるという。

ポルシェ・カイエン・クーペ・プロトタイプ
ポルシェ・カイエン・クーペ・プロトタイプ

軽量化を強く意識しており、Eハイブリッドより車重はだいぶ軽く仕上がるとのこと。V8ターボに電気モーターを組み合わせ、680psを生み出すEハイブリッドだが、車重は2535kgとなかなか重たい。

正式発表に先立ち、英国編集部はプロトタイプの試乗に招待された。偽装でわかりにくいが、ルーフスポイラーは新しくなり、ディティールにも手が加えられている。ネオジム合金を用いた22インチ・ホイールが、さらなるパフォーマンスを予感させる。

インテリアの変化は、目立つほどの内容ではない。アルカンターラ張りのスポーツシートには、コントラスト・カラーのステッチがあしらわれている。

肉厚なリムのステアリングホイールには、スポーツ・レスポンスと呼ばれる機能のロータリー・コントローラーがある。これを介して、幅広いドライブモードの選択が可能だ。

リアシート側を振り返ると、3名がけのベンチシートから、2脚のセパレートシートに置き換わっているのがわかる。クーペボディらしく、2+2といった雰囲気だ。

日常利用もはばからない乗り心地と取り回し

シュツットガルトの街へ出ると、コンフォート・モードでの優れた質感に驚かされる。ニュルブルクリンクでSUVのラップレコードを掴むために仕立てられた、ハードコアな内容を備えているはずなのに。

アダプティブ・エアサスペンションのダンパーは、減衰力を15%も引き上げられている。確かにベースには確固たる硬さがあるが、日常的な利用を妨げるほどではない。

ポルシェ・カイエン・クーペ・プロトタイプ
ポルシェ・カイエン・クーペ・プロトタイプ

後輪操舵システムも備え、高速域での俊敏性を向上させているだけでなく、低速域での扱いやすさも高めている。最小回転直径は小さく、路地でも取り回しがしやすい。都市部でも快適に運転できるだろう。

郊外の道へ進むと、4.0L V8ツインターボ・エンジンの主張が強まる。素晴らしい加速力だけでなく、パワーデリバリーはとても滑らか。ブースト圧は高められているはずだが、体感できるほどのターボラグはない。

アクセルペダルに少し力を入れているだけで、気がつけば160km/hを超える速度域に届いていた。アウトバーンだから許されるわけだが。

エンジンに加えられたチューニングをより実感できるのは、中回転域に到達してから。放出されるパワーは猛烈といえるほどで、アクセルを踏み込めば、軽く小さいスポーツカーのように4シーターのSUVが突進し始める。

同じエンジンで550psのカイエン・ターボより、明確に力強い。スポーツ・モードを選ぶと、さらに加速力は容赦がなくなる。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事