【チェコの7人乗りSUV】スコダ・コディアック 改良新型発表 高出力モデルも設定

公開 : 2021.05.25 06:45

日本未導入の人気SUV、スコダ・コディアックがフェイスリフトを受け、デザインと装備を一新しました。

スコダの最新デザイン採用

text:James Attwood(ジェームズ・アトウッド)
translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

スコダは、7人乗りSUVのコディアックのフェイスリフトを発表した。新技術を採用するとともに、ブランドの最新デザインに合わせたスタイルに変更。価格は2万7650ポンド(425万円)からで、グレードはSE、SE L、スポーツライン、L&K、そしてフル装備の最上位モデルであるvRSが用意されている。

全モデルにLEDヘッドライト、ダイナミック・インジケーター、延長されたブラックのリアスポイラー、グレーのインテリア・ステッチが標準で採用されており、SE以外の全モデルにはLEDマトリックスヘッドライトが備わっている。

スコダ・コディアック
スコダ・コディアック    スコダ

SE Lは3万1895ポンド(491万円)からで、19インチのアロイホイール、クロームルーフレール、フロアマットが追加される。スポーツラインは3万5805ポンド(551万円)からで、リアビュー・パーキング・カメラが追加される。4万1720ポンド(642万円)のL&Kでは、シュコダのバーチャル・コックピットが搭載される。

今回のモデルチェンジでは、ガソリンエンジンを搭載したパフォーマンスモデルvRSがラインナップに加わり、空力を考慮された20インチのアンスラサイト・アロイホイールが採用された。

昨年末には、排ガス規制の強化に伴い、240psのツインターボディーゼルモデルが廃止されてしまった。これに代わるモデルがvRSと言えるだろう。価格はまだ確認されていない。

60万台以上売れた7人乗りSUV

コディアックは、スコダのSUVラインナップの急先鋒として2016年に発売され、その後、小型のカミックとカロックが続いている。発売以来、全世界で60万台以上を売り上げている人気モデルだ。

プラットフォームには、フォルクスワーゲンティグアンセアト・タラッコと同じ、フォルクスワーゲン・グループのMQBを採用している。

スコダ・コディアック
スコダ・コディアック    スコダ

今回のフェイスリフトでは、フロントグリルが直立し、ボンネットも高くなったほか、前後バンパーやLEDマトリクスを初採用したヘッドライトのデザインが一新され、全体的にリフレッシュされた。

SE、SE Lでは、フロントおよびリアエプロンにアルミニウム風のディテールを追加し、「オフロードスタイル」を強調している。また、空力特性を最適化し、CO2排出量を削減するために、新しいリアスポイラーと、リアウィンドウの側面に「ヒレ」を追加した。

インテリアにも改良が加えられ、電動調整式のレザーエルゴノミックシートをはじめとする新しいシートデザインが採用されている。また、SEおよびSE Lには、リサイクルのビーガン素材を使用した「エコ」シートがオプションで用意されている。

また、10.25インチのデジタルディスプレイ「バーチャル・コックピット」を全車にオプション設定し、新たに10スピーカーのカントン(CANTON)製サウンドシステムも採用。8インチのインフォテインメント・タッチスクリーンを標準装備しているが、9.2インチもオプションで選択できる。また、アンビエントライトも刷新されている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

スコダの人気画像