【都会派コンパクトとして完璧】フィアット500 エレクトリック ベースのアクションへ試乗

公開 : 2021.06.07 08:25

小さなボディに小さなバッテリー。都市部ユーザーのためにシンプルさを求めた、新500のベースグレードを英国編集部が評価しました。

もくじ

一番質素な新500のアクション
エンジンで走る500も当面は継続
気持ち良い運転で笑顔を生んでくれる
都会派コンパクトとして完璧
フィアット500 エレクトリック・アクション(英国仕様)のスペック

一番質素な新500のアクション

text:Piers Ward(ピアス・ワード)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
メルセデス・ベンツSクラスに、照明内蔵のシートベルトバックルが採用される時代。欧州で売られる新しいフィアット500のエントリーグレードには、ラジオチューナーが備わらない。

純EVへ進化した新型フィアット500。今回試乗したアクションは、いわゆるベースのトリムグレードに当たる。車内で音楽を聞きたい場合は、スマートフォンを接続する必要がある。むしろスマートフォンとの接続機能が標準装備、といった方が良いだろう。

フィアット500 エレクトリック・アクション(英国仕様)
フィアット500 エレクトリック・アクション(英国仕様)

フィアットとしては、このスタイルは初めてではない。若々しさをアピールしたいスタイル重視のクルマとして、方向性を示すものだと思う。実際に試してみると、見事に良く機能してくれる。

一番手頃なフィアット500 エレクトリックの前輪を駆動するのは、95psの電気モーター。駆動用バッテリーはフロアに敷かれ、試乗車の容量は小さい方の23.8kWhだ。

これにより189kmの航続距離を獲得し、0-100km/h加速は9.5秒、最高速度135km/hを叶えている。容量50kWのDC急速充電器へ接続すれば、充電時間は30分で済む。欧州で一般的な7kWのAC充電器なら、満充電までに6時間を要するという。

ドライブモードは3種類で、シンプルにトグルスイッチで選べる。ノーマルとレンジは文字通り。シェルパは、可能な限り航続距離を伸ばしてくれるモード。最高速度も低められ、残りのバッテリーで走れる距離を最長にしてくれる。

エンジンで走る500も当面は継続

フィアット500 エレクトリックには、大きな42kWhのバッテリーも搭載可能。加速力が強まり、航続距離を320kmまで伸ばせるが、車重は150kgも増えてしまう。軽量なアクションの、質素がゆえの魅力も捨てがたい。

ボディはルーフ部分だけがファブリックでオープンにできる、ランドレー・スタイルも選べる。だが、アクション・グレードでは選択できない。

フィアット500 エレクトリック・アクション(英国仕様)
フィアット500 エレクトリック・アクション(英国仕様)

500 エレクトリックが採用するプラットフォームは、現時点ではこのモデル専用。新しい企業体型となったスランティス傘下にある他のブランドのモデルへ展開するのも、時間の問題だと思う。

フィアットも、ホイールベース長を変更できる柔軟なプラットフォームだと認めている。用途の幅は小さくない。

ちなみに、ガソリンエンジンで走るフィアット500も最近アップデートを受け、マイルド・ハイブリッドを採用して当面は販売される。まだ余命は明らかになっていないが、純EV版の普及とともに、そっと役目を終えることになるだろう。

新しい500 エレクトリックは、従来の500よりわずかに全長と全幅、全高がそれぞれ大きくなっている。それでも、都市部での移動に便利なコンパクトなサイズは維持した。

リアシートは依然として狭い。大人でも座れるものの、長時間のドライブをうれしいとは感じないかもしれない。

インテリアは、シンプルなアクション・グレードにピッタリ。柔らかな形状のメーターパネルには、速度とエネルギーフロー、航続距離など、最小限の情報のみが表示される。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事