アルファ・ロメオ4Cスパイダー

公開 : 2014.03.05 20:48  更新 : 2017.06.01 02:13

キャンバス・ルーフを持ったアルファ・ロメオ4Cスパイダーがジュネーブ・モーターショーで発表された。2015年前半から生産が開始される予定だ。

カーボンファイバー製のロールオーバーと、スポイラー、ウインドスクリーン・フレームなどが新たに装備されているが、そのボディ・ウエイトの増加は60kg+に収まっているという。また、エアロダイナミクス的にも気流の乱れは最小限になっている。

表面的な変化は、クーペで批判された2つの部分を改良している。それはクラムシェル・ヘッドランプと、グロス・ホワイトにペイントされたホイールだ。この変更は、ひょっとしたらクーペにも採用されるかも知れない。

その他の部分は、4Cクーペと同じで、エンジンは1750ccの4気筒、これに6速のデュアル・クラッチが組み合わせられる。

パフォーマンスもクーペから変更はなく、0-100km/h加速が4.5秒、最高速度は250km/hだ。また、前後の重量配分も40:60と変更はない。

▶ 2014 ジュネーブ・モーターショー

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事