【早くも登場】ポルシェ911 GT3ツーリングパッケージ 6速MT/7速PDK 日本価格2296万円

公開 : 2021.06.16 14:09

ポルシェ911 GT3ツーリングパッケージ日本仕様は、6速MT/7速PDKと左右ハンドル設定。価格は2296万円。

911 GT3にツーリングパッケージ

text:Taro Ueno(上野太朗)

ポルシェジャパンは新型ポルシェ911 GT3ツーリングパッケージの予約受注を6月16日(水)より全国のポルシェ正規販売店にて開始する。

「ツーリングパッケージ」という名前は、1973年モデルの911カレラRSに用意された仕様に遡る。

ポルシェ911 GT3ツーリングパッケージ
ポルシェ911 GT3ツーリングパッケージ

ポルシェは2017年に再びこのアイデアを復活。先代の911 GT3にツーリングパッケージを設定した。

ポルシェは「控えめな表現とクラシックなドライビングプレジャーに対する大きな情熱を備えたトップクラスのスポーツカーとして愛好家たちを魅了してきました」とコメントする。

ツーリングパッケージにおいても、911 GT3のほぼすべてのオプション装備が用意される。

エクステリアとホイールの全カラー、ポルシェ・ダイナミック・ライトシステムおよびポルシェ・ダイナミック・ライトシステム・プラスを組み込んだLEDヘッドライト、各種アシストシステム、セラミックブレーキ(PCCB)、フロントアクスルリフトシステム、全てのシートバージョン、クロノパッケージ、オーディオシステムがオプションに含まれる。

日本仕様は6速マニュアルと7速PDKの両方が設定される。ハンドルは左右から選べ、2296万円。

外観 最大の違いはリアウイングレス

エクステリアにおけるポルシェ911 GT3ツーリングパッケージと911 GT3との最も大きな違いは、固定式リアウイングの削除である。

自動展開するリアスポイラーが、高速走行時に必要なダウンフォースを生む。

ポルシェ911 GT3ツーリングパッケージと911 GT3との外観上、最も大きな違いは、固定式リアウイングの削除である。
ポルシェ911 GT3ツーリングパッケージと911 GT3との外観上、最も大きな違いは、固定式リアウイングの削除である。    ポルシェ

サイドウインドウのハイグロス・アルマイト製シルバーのトリムストリップも外観上の特徴となる。

フロントエンドは、エクステリアカラーと同色にフル塗装されている。オプションのエクステリアツーリングパッケージでは、これらのエレメントはサテングロスブラックで仕上げられる。この場合は、ヘッドライトモジュールはダークティンテッド仕上げになる。

ワイドなボディ、大径ホイール、技術装備の追加にもかかわらず、新型911 GT3の重量は先代と変わらない。マニュアルトランスミッション仕様車で1418kg、PDKで1435kgとなる。

4.0L水平対向6気筒エンジンの最高出力は510ps。ポルシェ911 GT3ツーリングパッケージとポルシェ911 GT3は同値。

炭素繊維強化プラスティック(CFRP)製のボンネット、軽量ガラスウインドウ、軽合金製鍛造ホイールは、軽量スポーツエグゾーストシステムとともに、軽量化に寄与する。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事