【英国の影の工場】オースチン ヴォグゾール ロールスロイス/ベントレーほか 後編

公開 : 2021.09.19 17:45  更新 : 2021.10.15 13:24

第二次大戦を戦ったスピットファイア戦闘機にモスキート爆撃機。自動車メーカーが製造を担っていたことはご存知でしょうか。英国編集部が、その一部をご紹介します。

5. ロングブリッジ:オースチン

執筆:Graham Robson(グラハム・ロブソン)
画像提供:Graham Robson(グラハム・ロブソン)
翻訳:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
かつてコフトン・ハケットと呼ばれた、バーミンガム郊外のロングブリッジ・エリア。ここに存在していたのが、オースチン社の軍事利用を前提としたシャドー工場だ。

1938年に建設され、スターリング爆撃機やランカスター爆撃機といった多くの航空機が製造された。名機、ハリケーン戦闘機も作られている。

ロングブリッジ:オースチンのシャドー・ファクトリーの様子
ロングブリッジ:オースチンのシャドー・ファクトリーの様子

第二次大戦が終わり平和が訪れると、オースチンはブリティッシュ・モーター・コーポレーション(BMC)傘下に併合。軍用車両の製造を手掛けていた時期もあったが、後にエンジンと前輪駆動車用のトランスミッション工場へ転身している。

当初はブリティッシュ・レイランド・グループのEシリーズ・エンジンを製造。その後はハッチバックのオースチン・マエストロのほか、ローバー200やローバー400といったサルーン向けのエンジン、MGFのハードウエアも製造している。

BMCの体制が崩れ、中国企業による買収が進むと事業は急速に縮小。工場は更地に戻され、穏やかな住宅地となっている。

マニアな小ネタ:オースチン・ヒーレーは1957年まで、ロングブリッジの工場で作られていた。その後、アビンドンへ拠点を移している。オリジナルのBMCミニは、1999年までロングブリッジで作られていた。

6. ルートン/ベッドフォードヴォグゾール(英国オペル

かつてゼネラル・モータース傘下にあったヴォグゾールは、1930年代に乗用車やトラックの分野で急速にシェアを拡大した。第二次大戦が始まると、ベッドフォードで製造された大型トラックは、天候を問わない輸送手段として活躍した。

同時に量産されたのが、チャーチル戦車。戦果に大きな影響を与えた。1941年から1950年代初頭にかけて、ヴォグゾールはベッドフォードの拠点で多くの設計開発を行っている。巨大な鉄製の兵器も、ベッドフォードとルートンの工場で生み出された。

ルートン/ベッドフォード:ヴォグゾール(英国オペル)のシャドー・ファクトリーの様子
ルートン/ベッドフォード:ヴォグゾール(英国オペル)のシャドー・ファクトリーの様子

1945年の終戦から1960年代にかけては、すべてのヴォグゾール・モデルが同じ場所で設計・製造されている。それ以降はエルズミア・ポートに工場が新設され、ブランドの拠点も移された。

マニアな小ネタ:英国政府の要請を受け、ヴォグゾールはチャーチル戦車の製造を請け負っているが、ほかの企業では対応できない内容だったという。

この記事に関わった人々

  • 執筆

    グラハム・ロブソン

    Graham Robson

    英国編集部
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報部を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

ロールス・ロイスの人気画像

×