【デザイン大詰め?】メルセデス・ベンツEQE SUV版のテスト車両目撃 2023年発売見込み

公開 : 2021.10.13 18:25

テスラ・モデルXのライバルとなる、メルセデス・ベンツEQEのSUV版のテスト走行が欧州で行われています。

EQシリーズの拡大続くメルセデス

2023年の発売を予定しているメルセデス・ベンツの新型EQE SUVが、ドイツで再びテスト走行を行っていることが明らかになった。

このモデルは、最近公開されたEQEセダンに相当する電動SUVで、昨年半ばにも欧州でテスト走行の様子が目撃されている。今回撮影されたプロトタイプからは、全体的なデザインが少しずつ見えてきた。

メルセデス・ベンツEQE SUVのプロトタイプ
メルセデス・ベンツEQE SUVのプロトタイプ    AUTOCAR

グリル部分はシンプルな黒のカバーで隠されているが、カモフラージュされていないのは内部に収容されているセンサーをきちんとテストできるようにするためだと思われる。アルミホイールのデザインも、昨年目撃されたものよりスタイリッシュになっているが、これは空気抵抗を減らすためのデザインだろう。

EQE SUVは、メルセデス・ベンツが「X294」という社内コードネームで開発を進めている新型車だ。現行のEQCとは異なり、専用のMEA(またはEVA2)プラットフォームを採用し、テスラモデルXBMW iXに対抗する上級モデルとなる。

今回、セダンおよびSUVタイプのEQE、そしてSUVタイプのEQSの発売が決定したことで、メルセデス・ベンツのEQモデルのラインナップは8車種となる。同社は現在、SUVのEQA、ECB、EQC、高級セダンのEQS、バンのEQVを発売している。

メルセデスは、2025年までに10台のEVを発売することを約束しており、そのうちの1台は、最近発表された電動オフローダー「EQG」になると思われる。

EQE SUVのパワーとトルクは、EQCの407psと77kg-mを上回ると予想される。航続距離については、EQEセダンの目標値は約600kmだが、SUVでは空力効率が低下するため、これを下回ると考えられる。しかし、EQCの約400kmからは大幅に伸びると期待される。

ダイムラーのオラ・ケレニウスCEOは、SUVはバッテリーが床に沿って配置されており、キャビン空間を押し上げるため、EVの構成に最適であると述べている。

この記事に関わった人々

  • 執筆

    ジェームス・アトウッド

    James Attwood

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

メルセデス・ベンツの人気画像

×