マセラティ・ビトゥルボ 英国版中古車ガイド 世界初のV6ツインターボ

公開 : 2021.11.22 08:25

高い理想を掲げ、少なくない問題とともに生まれたビトゥルボ。英国編集部が中古車の魅力と注意点をご紹介します。

BMW 3シリーズのライバル

執筆:John Evans(ジョン・エバンス)
翻訳:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
マセラティの救世主として2013年に誕生した、現行のギブリ。年間5万台の販売を目標に据えた、BMW 5シリーズのライバルだ。しかし高いランニングコストと競合には及ばない動力性能で、マセラティの狙い通りにはなっていない。

トライデントの紋所としては、初めてのことではなかった。1981年、マセラティはBMW 3シリーズのライバルとして、ビトゥルボを発売した。ギブリと同じ熱意を持って。だが、製造品質や信頼性の低さから、台数を伸ばすことはできなかった。

マセラティ・ビトゥルボ(1981〜1994年/英国仕様)
マセラティ・ビトゥルボ(1981〜1994年/英国仕様)

ビトゥルボの主力となったクーペは、1990年まで生産された。ソフトトップのスパイダーは、1994年まで生産が続けられた。それでも、英国で売れたビトゥルボの台数は、700台ほどに留まっている。

生産終了から30年ほど経つビトゥルボだが、クラシックカーとして優しく受け入れてくれない人も、英国にはいるようだ。フェラーリを得意とするガレージを経営する、カール・ヴェルド氏は次のように述べている。

「ひどいクルマでしたね。デザインも設計も、フィーリングも。真新しいビトゥルボをサーキットで走らせた友人は、コーナーの度にスピンしていましたよ」

だが、すべての人が辛口な言葉を寄せるわけではない。英国の中古車市場に目を向けると、美点を感じるオーナーによって大切に乗られてきたビトゥルボが、手頃な価格で売りに出ている。

世界初のツインターボエンジン

クラシックカーは全般的に値上がり傾向で、マセラティも例外ではない。数年前なら8000ポンド前後でビトゥルボを手に入れることができた。最高の例でも、1万2000ポンドほどが相場だった。

現在では、そこそこの状態でも1万2000ポンド(約186万円)がスタートライン。高い値段が付いているビトゥルボでも、状態が疑わしい例もある。徹底的にチェックしてから購入したい。

マセラティ・ビトゥルボ(1981〜1994年/英国仕様)
マセラティ・ビトゥルボ(1981〜1994年/英国仕様)

マセラティ・ビトゥルボは、1981年に左ハンドル車のみで発売された。V6のキャブレター・エンジンに世界初のツインターボを搭載した、ハンサムな2ドアクーペだった。

トランスミッションは当初は5速MTと3速ATをラインナップ。MTでは、1速が横に飛び出たドッグレッグと呼ばれるゲートパターンを持つ。

1984年に4ドアサルーンと、ソフトトップのスパイダーが追加。興味深いのが、クーペよりスパイダーの方がホイールベースが短いこと。ボディ剛性は下がるものの、クーペより機敏に走ることが目指されていた。

1986年に、右ハンドルのクーペとスパイダーが英国へ上陸。2.5LのV6エンジンは195psを発揮し、悪くない速さを誇った。

モデル中期のフェイスリフトを経て、1987年に燃料インジェクションを採用。2.5L V6エンジンは24psのパワーアップを達成する。同時期に2.8LのV6エンジンも追加され、こちらは250psを発揮した。

進化を重ねたビトゥルボだが、より安く乗りやすいBMW 3シリーズからの買い替えを促すには充分ではなかった。しかし今なら、状態の良い例を探せば、貴兄の潤沢な財産をすべて失うまでには至らないだろう。

記事に関わった人々

  • 執筆

    ジョン・エバンス

    John Evans

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

マセラティの人気画像