BMW M 創立50周年記念エンブレム発表 2022年 クラシックなボディカラーも

公開 : 2021.11.25 18:05

来年に創立50周年を迎えるBMW M GmbHは、特別なエンブレムとカラースキームを設定します。

BMWモータースポーツのロゴ復活

BMWの高性能車部門であるMは、2022年の創立50周年を記念して、歴史的なロゴと最もよく知られているカラースキームを復活させると発表した。

来年5月24日の記念日に先立ち、BMWのエンブレム「ラウンデル」を、オリジナルのBMWモータースポーツのエンブレムに変更するオプションを設定する。英国では、3月以降に注文されたモデルに適用される。

M部門はBMWのラインナップをベースに、性能を追求したスポーツモデルを展開している。
M部門はBMWのラインナップをベースに、性能を追求したスポーツモデルを展開している。

このロゴが初めて登場したのは1973年、創設間もないBMWモータースポーツ部門が伝説的な3.0 CSLで初めてサーキットに登場したときだった。1978年には、斜めのストライプと大きな「M」をモチーフにした新しいロゴが、スーパーカーのM1に採用された。

もともと紺色の部分はバイオレットで、BMWを表す青とレースを象徴する赤を結びつけていた。

レトロなロゴに加えて、バックカタログから「歴史的に重要」なカラーリングを指定することができる。ダカール・イエロー、ファイヤー・オレンジ、デイトナ・バイオレット、マカオ・ブルー、イモラ・レッド、フローズン・マリーナ・ベイ・ブルーなど、約50色のカラーバリエーションが用意されている。欧州での価格はまだ発表されていない。

M部門のフランク・ヴァン・ミールCEOは次のように述べている。

「クラシックなBMWモータースポーツのエンブレムとともに、BMW M GmbHの創立記念日を迎える喜びを、ファンと分かち合いたいと思います。わたし達は、ユニークな製品とエキサイティングなパフォーマンスとともに、素晴らしい年を迎えることができます」

同ブランドは販売記録の更新を目指しており、来年には新型M3ツーリング、「BMW M4クーペシリーズの特別モデル」(ハードコアのCSと予想)、次世代M2クーペなど、重要なモデルの発表を控えている。

また、初の電動モデルの発売も予定されており、来週にはコンセプトカーの姿を見ることができると思われる。最近ではSUVの「コンセプトXM」のティーザー画像が公開され、ハイブリッド・パワートレインを搭載した高性能SUVになると期待されている。

記事に関わった人々

  • 執筆

    フェリックス・ペイジ

    Felix Page

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

BMWの人気画像