政府はインフラ整備を急ぐべき 英国自動車業界「緊密な連携が必要」と主張

公開 : 2021.11.25 18:25

英国の自動車業界団体が政府に対し、EV充電器などのインフラ整備を加速させる取り組みを求めました。

政府と業界の緊密な連携を求める

英国自動車工業会(SMMT)は、EVのインフラ整備を加速させるためには英国政府が必要なことをしなければならない、と主張している。

SMMTのマイク・ホーズCEOは、第104回目となる年次業界晩餐会で、政府への抗議の意思を表明した。

英国には2万6000以上の公共充電器があるが、事業者によってサービスに違いがあり混乱を招いているという。
英国には2万6000以上の公共充電器があるが、事業者によってサービスに違いがあり混乱を招いているという。

「乗用車は2035年までに、バスはそれよりもう少し早く、大型商用車はもう少し後に脱炭素化を実現します。しかし、EVの販売が急速に進む一方で、路上の充電インフラの整備は遅れています」

「わたし達は政府に、全国的にインフラ整備を加速させるための条件を整えることを期待しています」

英国市場におけるEVおよびプラグイン・ハイブリッド車のシェアは、今年1年間で16.6%となり、2020年の2倍となっている。また、英国製自動車の3分の1が電動化されている。

SMMT会長であり、ホリバMIRA社のCEOでもあるジョージ・ギレスピーは次のように述べている。

「わたし達は何十億ポンドもの投資をして、素晴らしい電動化車両を設計してきました。今、英国では115車種以上のゼロ・エミッション対応車が販売されています。これまでにない数のエキサイティングなクルマを一般の方々に購入していただけるよう促進してきましたが、ここでちょっとしたもつれが生じています」

「充電器が壊れていたり、ブロックされていたり、複数のアプリがあったり、支払い方法が混乱していたりと、とても煩わしいものがあります。これでは多くの人がEVから離れてしまい、この素晴らしいクルマを開発する努力が無駄になってしまいます」

SMMTはまた、欧州本土やその他の国々と比べて高いエネルギー価格、競争力のないビジネスレート、追加の貿易コストによって英国の製造業の成長が妨げられているとしている。製造業が国際的な競争力を維持するためには、産業界と政府の緊密な連携が不可欠であるという。

SMMTは、「自動車産業が英国で最も価値のある輸出品を生産し、国内で15万5000人もの人々が高度な技術と高賃金の仕事に従事していることを考えれば、この産業を維持することの重要性は明らかである」と述べている。

記事に関わった人々

  • 執筆

    AUTOCAR UK

    Autocar UK

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の英国版。
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

EVの人気画像