レクサス 新型EV「RZ」のティーザー画像公開 2022年発表予定の電動SUV

公開 : 2021.12.03 18:05

レクサスは新型EVを2022年前半に発表する予定です。パフォーマンス重視のSUVになると考えられます。

スポーティな走りを重視

2022年前半に登場するレクサスの新型EVは、「RZ」と呼ばれるパフォーマンス志向のSUVであることがわかった。

RZは欧州で開催されたトヨタとレクサスの「ケンシキ・フォーラム」で発表され、トヨタのe-TNGAプラットフォームをベースに、「ドライビング・エクスペリエンスを次のレベルに引き上げる」ことを目的としたセッティングが施されている。

レクサス「RZ」のティーザー画像
レクサス「RZ」のティーザー画像    レクサス

レクサスの欧州担当副社長であるパスカル・ルーシュは、AUTOCARに対し、レクサスの優先事項は「爽快なドライビング・パフォーマンス」を提供することであると述べ、将来的には「ブランドのスポーティなポジションをサポートする」というEVを販売することを示唆した。

レクサスの次世代デザイン

RZは、完全可変式4輪駆動とステア・バイ・ワイヤ技術を搭載し、「驚くべきコーナリングと路面追従性」を実現するとのこと。

モーターの軽量化・コンパクト化、ボディ剛性の向上、レクサス独自の完全可変4輪駆動技術「ダイレクト4」の採用など、独自の改良を加えることで、オンロードでの運転体験の向上を目指している。

レクサス「RZ」のティーザー画像
レクサス「RZ」のティーザー画像    レクサス

ダイレクト4は、各車輪への動力供給を素早く配分し、状況に応じて前輪・後輪・4輪駆動を瞬時に切り替えることができる。レクサスは、将来のすべてのEVにこのシステムを採用しようとしている。

ティーザー画像を見る限りでは、今年初めに公開されたコンセプトカー「LF-Zエレクトリファイド」にインスパイアされたスタイリングになるようだ。また、コンセプトで採用された新しいデザイン要素もいくつか引き継がれるだろう。

記事に関わった人々

  • 執筆

    フェリックス・ペイジ

    Felix Page

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

レクサスの人気画像