日産「Z GT500」発表 スーパーGT 2022年シーズンに参戦 GT-RからZへ 詳細は?

公開 : 2021.12.05 17:01

日産とニスモは、2022年シーズンのスーパーGT500クラスに参戦する「日産Z GT500」を初披露しました。

2022年シーズン GT-RからZへ

日産とニッサン・モータースポーツ・インターナショナルは、2022年シーズンのスーパーGTシリーズGT500クラスに参戦する「日産Z GT500」を富士スピードウェイで初披露した。

日産は現在進めている事業構造改革「ニッサン・ネクスト」においてブランド価値の再構築に取り組んでいる。

2022年シーズンのスーパーGTシリーズGT500クラスに参戦する「日産Z GT500」
2022年シーズンのスーパーGTシリーズGT500クラスに参戦する「日産Z GT500」    日産

競争の厳しいレースシーンへ挑戦することにより、この取り組みを加速するため、チャレンジする日産ブランドのDNAを象徴する日産Zで2022シーズンよりスーパーGTシリーズに参戦する。

日産は創業以来、「他のやらぬことをやる」との精神で、イノベーションを通じたワクワクを届けるためチャレンジを重ねてきた。

1970年代初頭にアメリカのレースシーンでは無名の日産が、SCCA Cプロダクション選手権においてS30型240Zで連続優勝を飾ったことを皮切りに、90年代のZ32型300ZXでのIMSAシリーズにおける勝利、2000年代のZ33型でのJGTC/スーパーGTシリーズへの参戦、およびシリーズチャンピオン獲得など、Zの名を確立して来たレース参戦の歴史を、「日産のチャレンジ精神」と表現する。

R35型GT-Rよりバトンを渡された「日産Z GT500」での来シーズンへの参戦について、アシュワニ・グプタ日産COOは、「日産DNAのチャレンジャースピリットを象徴する日産Zで再びレースに挑戦し、お客さまやファンの皆さまに、ワクワクをお届けします」

「70年代のアメリカにおいて240ZでSCCAの選手権に参加したころと同じ気持ちで、レースを通じ、革新的なクルマを世に出し続けるとともに、レースでは勝利を目指して戦っていきます」とコメントした。

片桐隆夫ニスモCEOは、「2022年シーズンのスーパーGTに、日産DNAを象徴する新型Zの車両で熱い気持ちを持って挑戦してまいります。引き続き日産系チームへのご愛顧、ご声援を賜りますようよろしくお願い申し上げます」とコメントした。

記事に関わった人々

  • 編集

    AUTOCAR JAPAN

    Autocar Japan

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の日本版。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

日産 フェアレディZの人気画像