ルノー・アルカナ Eテック(1) 長期テスト 手頃なクロスオーバー・クーペ

公開 : 2021.12.18 09:45  更新 : 2021.12.21 15:49

上級ブランドから火の付いたクーペSUV人気に、フランスのルノーも参戦。長期テストで実力を検証します。

比較的手頃なクロスオーバー・クーペ

自動車市場に新しいカテゴリーが誕生した瞬間は、意外と冷笑されることが多い。1990年代にスズキが投入した、X-90というモデルをご記憶だろうか。タルガトップの2シーターSUVだ。

残念ながら、そこからフォロワーが誕生することはなかった。しかしスポーティなルックスのSUVという考え方は、われわれの記憶に残ったようだ。

ルノー・アルカナ Eテック・ハイブリッド145 Sエディション(英国仕様)
ルノー・アルカナ Eテック・ハイブリッド145 Sエディション(英国仕様)

2007年、BMWはX6を投入する。少し不格好で、実用性は二の次のSUVという存在に戸惑う人も多くいたが、蓋を開けてみれば成功と呼べる支持を集めた。

クルマを選ぶ時、荷室の大きさは重要な尺度になるが、それだけではない。ルックスやイメージは、もっと大きな評価軸になることも多い。その結果、クロスオーバー・クーペは新たなトレンドを生み出した。特に上級ブランドの間で。

新しく長期テストに加わったルノー・アルカナは、これまでのモデルとは少し違う。まず、デザインが良い。筆者の感覚では、過去最もスタイリッシュなクロスオーバー・クーペだと思う。

さらに値段も手頃と呼べる範囲にある。英国価格は2万5300ポンド(約384万円)からで、この分野を得意としてきたプレミアム・ブランドのモデルとは、明らかに価格帯が異なる。

アルカナはルノーとしては初めて、全モデルがハイブリッド化されていることも特色。エントリーグレードでも、電圧48Vの(スターター・ジェネレーター)ISGを搭載したマイルド・ハイブリッドになる。

SUVは燃費が悪い、というイメージ向上にもつながるだろう。

1.6L自然吸気4気筒+電気モーター

今回長期テストにやってきたアルカナは、Eテック145と呼ばれる仕様。48psの駆動用モーターとISG、1.2kWhの駆動用バッテリーが組み合わされた、より本気度の高いハイブリッドだ。

このアルカナなら、駆動用バッテリーの充電量が充分あれば、市街地など穏やかな環境を電気モーターだけで走行できる。ただし、プラグイン・ハイブリッド(PHEV)のように、長くは走れない。

ルノー・アルカナ Eテック・ハイブリッド145 Sエディション(英国仕様)
ルノー・アルカナ Eテック・ハイブリッド145 Sエディション(英国仕様)

アルカナの荷室フロアの下には、より大きな駆動用バッテリーを載せられそうな空間がある。ルノーはもう一手、打ってくるのではないだろうか。

電気モーターとペアを組むのが、1.6L自然吸気4気筒ガソリンエンジン。最高出力は94psを発揮する。駆動用モーターとともに知的な4速ATに結合され、フロントタイヤを駆動し、エンジンで駆動用バッテリーの充電も可能としている。

高度なシステムだが、EVモードで市街地を流していて充電量が足りなくなると、エンジンが突然始動。高回転で働き始め、平穏な走りを不意にそがれる。エンジンの力が伝わるまでに一瞬のためや、クラッチが滑るような印象も感じられるようだ。

その短い時間を除けば、システムはシームレスに機能するといえる。ダッシュボードにはバッテリーの充電量を表示でき、効率的な運転を支援。下り坂ではシフトセレクターをBに倒すことで、回生ブレーキを強く効かせることもできる。

記事に関わった人々

  • 執筆

    アラステア・クレメンツ

    Alastair Clements

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

長期テスト ルノー・アルカナ Eテックの前後関係

前後関係をもっとみる

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

ルノー アルカナの人気画像