フォード・コルセアとヴォグゾール・ヴィクター 1960年代の英国乗用車 6台を比較 前編

公開 : 2022.01.15 07:05

アメリカンなヴォグゾール・ヴィクター FB

1957年に登場した初代ヴォグゾール・ヴィクターのスタイリングは、アメリカ車にインスピレーションを受けたような雰囲気が強い。英国ルートンのヴォグゾール本社で開発されたが、カナダ向けの輸出車両としても念頭にあったことが理由だろう。

実際、ヴィクターはシボレーとオールズモビルのディーラー網から、エンボイという名前で販売されている。一方で英国のドライバーたちは、英語のアメリカンなアクセントへ惹かれるように、このルックスへ関心を寄せた。

ヴォグゾール・ヴィクター FB(1961〜1964年/英国仕様)
ヴォグゾール・ヴィクター FB(1961〜1964年/英国仕様)

1961年、ヴォグゾールは2代目ヴィクター FBを発表。その3年後には、3代目のFCへモデルチェンジしている。

今回お越しいただいたデイブ・トラウトン氏は、2011年からブラックの2代目ヴォグゾール・ヴィクター FBを大切にしている。だが、ヴィクターとの結びつきはずっと幼い頃に生まれていたと振り返る。

「父はヴォグゾールの商用車を手掛けていたベッドフォード社で、シャーシ開発に関わっていました。ヴォグゾールは社員割引が効いたそうです。父は同社の乗用車として、ヴィクター FBはベストの1台だと話していました」

110km/hくらいでも驚くほど滑らか

「この1963年式を発見したのは、売買サイトのイーベイ。入札していたのですが、誰かが大きな金額を提示し、早期にオークションが終了してしまったんです。ところが入札者がキャンセルしたということで、わたしへ電話がかかってきたんですよ」

トラウトンは、購入予定だった資金の一部をバイクに使っていたが、とりあえずクルマを見に行くことにした。ヴォグゾールが「素敵なルックスに楽しいドライブ」と宣伝したヴィクター FBの魅力には、対抗できなかったらしい。

ヴォグゾール・ヴィクター FB(1961〜1964年/英国仕様)
ヴォグゾール・ヴィクター FB(1961〜1964年/英国仕様)

結果として彼が入手したクルマは、デラックス仕様。レザーに光沢感のあるカーペット、ヒーター、フロントガラスのウオッシャーという、その頃としては充実した装備が与えられている。

「オーナーになれたことを、満足しています。運転がとても楽しいんですよ」。とトラウトンが頬を緩ませる。

「運転席からの視認性は、現代のどんなクルマより優れています。テキスタイルで仕立てられた2021年のインテリアより、ヴィクターのレザー張りのインテリアは遥かに居心地が良いと思います」

「最高速度は128km/hしか出ませんが、80km/hから110km/hくらいでの滑らかさには驚かざるを得ません。コラムシフトですが、3速MTの変速はとても快調。コラムMTは珍しいので、盗難の予防にもなりそうですよね」

記事に関わった人々

  • 執筆

    アンドリュー・ロバーツ

    Andrew Robrts

    英国編集部ライター
  • 撮影

    ジョン・ブラッドショー

    John Bradshaw

    英国編集部フォトグラファー
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

1960年代の英国乗用車 6台を比較の前後関係

前後関係をもっとみる

関連テーマ

おすすめ記事

 

フォードの人気画像