新型プジョーe-308 航続距離は400km以上? 2023年生産開始予定の完全EV仕様

公開 : 2022.01.15 06:25

プジョー308のEV版が来年にも生産を開始することが明らかに。バッテリーなど仕様の一部が公開されました。

新世代バッテリーにより高効率実現

プジョーは、308と308 SWのEV仕様について、既存のe-208よりもパワフルで高効率、そして長い航続距離を実現することを明らかにした。

EVの新型e-308は、純エンジン仕様およびPHEV仕様とともにラインナップに並ぶことになる。バッテリーは床下、主にシート下のスペースに搭載され、トランクはPHEV仕様と同じサイズを確保している。

プジョー308 PHEV
プジョー308 PHEV

e-308は前輪駆動のみで、パワートレインの選択肢は1種類だけとなる。400Vのバッテリーを搭載し、使用可能容量は50kWh(グロス54kWh)。モーターは156psと27kg-mを発生する。車両重量は約1600kgで、PHEV仕様と同等だ。

バッテリーは小型のe-208のものより4kWh大きいだけだが、プジョーのプロジェクト・マネージャーであるアグネス・テッソン・ファゲットは新しい電池素材「NMC811(ニッケル:マンガン:コバルト=8:1:1)」によって効率が向上し、「競合の中で最高」の8km/kWh (12.4kWh/100km) を実現したという。

これにより、e-308の航続距離は400km近くになる見込み。また、最大100kWの急速充電が可能だ。

販売の主力は電動モデルに

新型e-308が市場に出るのはまだ先のことだが、プジョーは308ファミリーの販売台数の大部分を占めると予想している。

テッソン・ファゲットは、「現在のポートフォリオを見ると、PHEVはすでに受注の20%を超えており、EV仕様も少なくともその比率に達すると予想しています」と語った。

プジョー308 SW PHEV
プジョー308 SW PHEV

プジョーのリンダ・ジャクソンCEOは、同社のマルチパワートレイン戦略(同じ車種に純エンジン車、PHEV、完全EVの各バリエーションを設定)は「商業的に成功」していると述べている。

「プジョーは昨年、欧州で販売トップ3に入りました。2021年12月の販売では、電動モデルが20%を占めています」とジャクソンCEO。

e-308は2023年7月に本格的に生産が開始される予定だ。

記事に関わった人々

  • 執筆

    マット・プライヤー

    Matt Prior

    英国編集部エディター・アト・ラージ
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

プジョーの人気画像