アウディeトロンGTクワトロ試乗 ポルシェ・タイカンと比較して浮き上がるブランドの個性

公開 : 2022.01.03 06:45

作り込まれた個性は2022年的?

先の「あれはアウディ、こっちはポルシェ」を補足しておくと、eトロンGTの見た目や感触は既存のアウディの延長線上。

つまり「2022年のアウディ」くらいの感覚だ。

アウディeトロンGTクワトロ
アウディeトロンGTクワトロ    神村聖

対するタイカン・ターボSは2030年製のポルシェ(?)くらいの未来感を帯びている。

ブランドのみならず時代感覚も含めて、両ブランドのBEVのテイストは違っているのである。

例えばプラットフォームを共有するQ5とマカン、そしてA7スポーツバックとパナメーラよりも差が大きく、それぞれのブランドの性格に忠実なのである。

RSではなくもちろんタイカンではない今回のeトロンGTを買うメリットは日常性なのだと思う。

個性が気に入ってアウディを乗り継いできたオーナーが次の愛車として選んでも、生活にすんなり溶け込むはず。

充電の関係で長距離ドライブが少し計画的なものになることはあるかもしれないが。

筆者が考える最も完成度が高いBEVは、これまではダントツでタイカンだったのだが、今回そこに僅差でeトロンGTも名を連ねることになった。

バッテリーの配置とモーターの特性により個性を発揮しにくいBEVだからこそ、メーカーは個性の再現に注力するということは以前からいわれてきていた。

eトロンGTはまさにその好例といえる。

車重や操作系が少し重めに感じる点も、最高のアウディ感の演出に効いている。

日本における納車がずいぶんと先になるという状況も頷ける。

アウディeトロンGTクワトロのスペック

価格:1399万円
全長:4990mm
全幅:1965mm
全高:1415mm
最高速度:-
0-100km/h加速:4.1秒
航続距離:534km
電費:200Wh/km
車両重量:2280kg
パワートレイン:永久磁石同期モーター
バッテリー:93.4kWh
最高出力:530ps(390kW)
最大トルク:65.3kg-m
ギアボックス:1速(前)/2速(後)

アウディeトロンGTクワトロ
アウディeトロンGTクワトロ    神村聖

記事に関わった人々

  • 執筆

    吉田拓生

    Takuo Yoshida

    1972年生まれ。編集部員を経てモータリングライターとして独立。新旧あらゆるクルマの評価が得意。MGBとMGミジェット(レーシング)が趣味車。BMW 318iコンパクト(E46)/メルセデスBクラスがアシグルマ。森に棲み、畑を耕し蜜蜂の世話をし、薪を割るカントリーライフの実践者でもあるため、農道のポルシェ(スバル・サンバー・トラック)を溺愛。
  • 撮影

    神村聖

    Satoshi Kamimura

    1967年生まれ。大阪写真専門学校卒業後、都内のスタジオや個人写真事務所のアシスタントを経て、1994年に独立してフリーランスに。以後、自動車専門誌を中心に活躍中。走るのが大好きで、愛車はトヨタMR2(SW20)/スバル・レヴォーグ2.0GT。趣味はスノーボードと全国のお城を巡る旅をしている。
  • 編集

    AUTOCAR JAPAN

    Autocar Japan

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の日本版。

関連テーマ

おすすめ記事

 

アウディの人気画像