Google、自動運転の研究を開始

公開 : 2014.05.29 22:40  更新 : 2017.12.14 12:31

Googleが自動運転カーを研究開発していると発表した。このプロトタイプは、2シーターのモデルで最高速度は40km/h。屋根の上に取り付けられたセンサーが274m四方を見渡し、最適なルートを選択するという。

この自動運転カーは、既存のクルマにあるものがない。つまり、ステアリング・ホイールやペダルが一切ないのだ。Googleによれば、ソフトウェアとセンサーがすべての仕事を行うからだという。

Googleの狙いは、ボタンひとつ押すだけで目的地へ自動で移動するというもの。そこにはの人間という要素が一切排除されるという。

Googleのプロジェクト・リーダーであるクリス・アームソンは、「ちょっと想像してみて欲しい。ダウンタウンで20分もの間、駐車場を探す必要がなくランチがとれること。高齢者がクルマを運転するという作業なしに、クルマで移動できる自由を得ること。そして、呑んだとしてもクルマで自宅まで帰ることができる利便さを。」と語っている。

Googleは、この夏以降、100台のプロトタイプを制作し、カルフォルニアでのテストに供する予定だ。

「われわれは、このテクノロジーが受け入れられるのなら、他のパートナーと組むことも充分に考えている。」ともコメントしている。

以前からGoogleは、トヨタ・プリウスとアウディTTをベースに自動運転を研究してきた。もちろん、彼らとて、ハードとソフトの両方を開発することは望んでいないようだ。また、現時点ではメルセデスやボルボを中心に、自動運転の開発が進められている。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事