マカンに「T」!? ポルシェ・マカンT 日本で公開 マカン/マカンSの中間に

公開 : 2022.02.17 11:58

ポルシェ・マカンTが日本で公開されました。内外装やパワートレイン/シャシーの違いをまとめました。

ポルシェにマカンT 新規設定

ポルシェ・ジャパンは「マカンT」を発表。予約受注を全国のポルシェ正規販売店にて2月17日(木)より開始した。

マカンTはこれまで911や718に限定されていた「T」の名称を備えた最初の4ドアモデルとなる。

ポルシェ・マカンT
ポルシェ・マカンT    ポルシェ

ポルシェでは1960年代以来、「T」の文字は、ダイナミックな走行に特化したモデルを意味する「ツーリング」を表している。

1968年に誕生したポルシェ911 Tのスピリットに忠実であるとポルシェはいう。

マカン・モデルの場合、マカンTはマカンとマカンSの間に位置付けられる。

右ハンドル/7速PDKのみの設定で、840万円(消費税込み)。詳細を見ていこう。

マカンT 外装はどう違う?

ポルシェ・マカンTは、アゲートグレー・メタリックで塗装されたフロント/サイド、およびリアのデザインエレメントによって、シリーズの他のモデルと差別化されている。

フロントトリム/エクステリアミラー/サイドブレード/ルーフスポイラーおよびリアのロゴには、専用のコントラストカラーが使用されている。

ポルシェ・マカンTの外装には、専用のディテールが多く取り入れられる。
ポルシェ・マカンTの外装には、専用のディテールが多く取り入れられる。    ポルシェ

ハイグロスブラックのスポーツテールパイプとサイドウインドウトリムは標準装備。サイドブレードにはブラックの「Macan T」ロゴがあしらわれている。

ダークチタンの20インチ・マカンSホイールも標準装備。

エクステリアは、13色のソリッドカラー/メタリックカラー/および特別色の中から選択することができる。

軽さ重視 2L 4気筒ターボ搭載

ポルシェ・マカンTの2L 4気筒ターボエンジンは、マカンSとGTSの2.9L V6ツインターボエンジンに比べて、フロントアクスルで58.8kg軽い。

最高出力265psと最大トルク40.8kg-mを発生する。

ポルシェ・マカンTの2L 4気筒ターボエンジンは、最高出力265psと最大トルク40.8kg-mを発生する。
ポルシェ・マカンTの2L 4気筒ターボエンジンは、最高出力265psと最大トルク40.8kg-mを発生する。    ポルシェ

エンジンは他のマカン・モデルと同様に7速ポルシェ・ドッペルクップルング(PDK)および4WDシステムのポルシェトラクションマネジメント(PTM)と組み合わされている。

標準装備のスポーツクロノパッケージ(ステアリングホイールのモードスイッチとスポーツレスポンス・スイッチを含む)を使用すると静止状態から100km/hまで6.2秒で加速し、最高速度は232km/hに達する。

15mm以上低い車高 専用シャシー

ポルシェ・マカンTは、車高を15mm低く設定したポルシェアクティブサスペンションマネジメント(PASM)を備えたスチールサスペンションを標準装備する。

フロントのスタビライザーは強化されている。

ポルシェ・マカンTは、専用のシャシー・セッティングとなる。
ポルシェ・マカンTは、専用のシャシー・セッティングとなる。    ポルシェ

シャシー/サスペンションのチューニングはマカンT専用に最適化されているといい「非常に応答性の高いステアリング動作と俊敏なハンドリングをもたらします」とポルシェはいう。

ポルシェトラクションマネジメント(PTM)もマカンT専用。特にリアブレーキのコントロールが最適化されているのだという。

4気筒エンジン搭載モデルの新装備として、車高をさらに10mm低く設定してPASMを備えたアダプティブ・エアサスペンションをオプションで装備することも可能。

Tモデルの動的特性に適合されたポルシェ・トルクベクトリング・プラス(PTV Plus)も追加できる。

記事に関わった人々

  • 執筆

    AUTOCAR JAPAN

    Autocar Japan

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の日本版。

関連テーマ

おすすめ記事

 

ポルシェの人気画像