航続は最大526km BMW 3シリーズ、中国でEV化 新型「i3 eドライブ35L」仕様詳細発表

公開 : 2022.04.01 18:05

BMWは中国向けに3シリーズのEV仕様を発売します。「i3」と名付けた新型車の仕様が明らかになりました。

「i3」の名を受け継ぐ電動セダン

中国向けのBMW 3シリーズに電動パワートレインを搭載した新型EVが、「i3」の名で販売される。

中国で販売されている3シリーズ・セダンのロングホイールベース仕様をベースにしたもので、5月に発売される予定である。現在、i3の名は2013年発売の小型ハッチバックに使用されているが、このモデルは7月に生産を終了する。

BMW i3 eドライブ35L
BMW i3 eドライブ35L    BMW

新型は後輪駆動のi3 eドライブ35Lとして発売され、中国のCLTCサイクルで最大526kmの航続距離を達成するとされている。

2021年に登場した中国製造の電動SUV、iX3の構成を踏襲し、電気モーターを1基搭載している。最高出力は、iX3と同じ290psと40.8kg-mを発生する。

バッテリーは、CATL製の66.1kWhリチウムイオンバッテリーを採用。 BMWのCLARプラットフォーム構造を改良したものに搭載し、AC充電器で最大11kW、高出力のDC充電器で最大95kWの充電が可能だ。10~80%の充電時間は35分とされている。

iX3はやや大型の74kWhのバッテリーを搭載し、最大150kWで充電できる。

中国メーターとの合弁で生産

BMWは、i3 eドライブ35Lの0-100km/h加速を6.2秒としている。最高速度は発表されていないが、BMWの関係者は、中国市場向けモデルで一般的な180km/hに制限されるだろうと述べている。

ベースとなった内燃エンジン車の3シリーズLは、他市場で販売されている標準モデルよりもホイールベースが115mm長く、全長4872mmに延長されている。

BMW i3 eドライブ35L
BMW i3 eドライブ35L    BMW

新型i3のインテリアには、第8世代インフォテインメント・システムであるiドライブが搭載され、BMWによると「3シリーズ初の幅広い最先端デジタル機能とサービス」を提供するという。

バッテリーとモーター等のパッケージングにより、トランク容量は標準の3シリーズより80L少ない400Lとされている。ただし、これはプラグインハイブリッド車のBMW 330eよりも25L多い。

生産は、iX3とともに中国で行われる。BMWと中国の自動車メーカー、ブリリアンス(華晨汽車)の合弁事業であるBMWブリリアンス・オートモーティブ(本社:瀋陽市)が生産を担当する。

記事に関わった人々

  • 執筆

    グレッグ・ケーブル

    Greg Kable

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

BMW 3シリーズの人気画像