新型ジンガー21C 市販車「最速」のハイブリッド・ハイパーカー、英国で実走行披露 6月 

公開 : 2022.04.01 18:25

ラグナ・セカの最速ラップタイムを更新したジンガー21Cが、英国の自動車イベントに登場することが明らかに。

2度目のサーキット走行を披露

米国の新会社ジンガー(Czinger)のデビューモデルである「21C」が、6月に英国で開催されるグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードに登場することが明らかになった。

21Cは、合計出力1250psを謳うハイブリッド・ハイパーカーで、2021年に米カリフォルニア州のラグナ・セカ・レースウェイで市販車最速記録を更新しており、今回が2度目のサーキット走行となる。

ジンガー21C
ジンガー21C    ジンガー

ラグナ・セカでは、レーシングドライバーのジョエル・ミラーがハンドルを握り、わずか1分25.44秒で3.6kmのコースを周回した。これは、2019年にマクラーレン・セナが樹立した1分27.62秒を大きく上回る記録だ。

タイヤは公道走行用のミシュラン・パイロット・スポーツ・カップ2Rを装着。記録挑戦時のコンディションは「理想的」だったという。

ラグナ・セカでの記録更新を皮切りに、今後もさまざまなチャレンジを予定しているとのことだったが、グッドウッドでヒルクライムの記録に挑戦するかどうかはまだ確認されていない。この記録は現在、2019年にわずか39.9秒で完走したフォルクスワーゲンのEVプロトタイプ「ID.R」が保持している。

合計出力1250psのハイブリッド車

ジンガー21Cは、わずか80台のみが生産される限定モデルだ。

最高回転数1万1000rpmを誇る自社開発の2.88LフラットクランクV8ツインターボで後輪を駆動。さらに、前輪を駆動する2基の電気モーターが加わり、合計で1250psの出力を発揮する。

ジンガー21C
ジンガー21C    ジンガー

トランスミッションは、油圧多板クラッチを備えた7速シーケンシャルを採用した。

市販モデルの車両重量は1250kg(軽量サーキット仕様は1218kg)であり、パワーウェイトレシオ(出力重量比)は1:1になるという。

当然ながら、加速性能は驚異的なものである。0-100km/h加速は1.9秒、0-300km/h加速15秒、0-400-0km/hは29.0秒。最高速度は431km/hに達するとされている。

3Dプリント技術を活用 納車開始は2023年

3Dプリント技術を用いて設計・製造された21Cはアルミとカーボンファイバーの複合シャシーを特徴としている。ボディは空力性能に特化しており、ジンガーによると、250km/hで走行時のダウンフォースは250kg、サーキット専用モデルではさらに強化され、790kgに上るとされている。

ハニカムグリルを全面的に採用したリアには、フルワイドのLEDライトが配置されている。また、戦闘機のようなタンデム式の座席配置も特徴的だ。

ジンガー21C
ジンガー21C    ジンガー

「自動車の設計、開発、エンジニアリング、製造の方法におけるパラダイムシフト」を目指すジンガーは、2015年のダイバージェント・ブレイドを手がけた創業者兼CEOのケビン・ジンガーの名を冠する新興企業である。

ダイバージェント・ブレイドは当時、ボディやシャシーの部品を3Dプリントで形成した、このタイプでは初めてのクルマだと謳われていた。

21Cは、米カリフォルニア州ロサンゼルスにあるジンガーの拠点で、ゼロから設計・開発・製造される。2023年に納車が開始される予定だという。

記事に関わった人々

  • 執筆

    フェリックス・ペイジ

    Felix Page

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

おすすめ記事

 

自動車ニュースの人気画像