突如、登場 フェラーリ296 GTS 296 GTBのオープン・モデル アセット・フィオラノも

公開 : 2022.04.19 22:12

フェラーリは296 GTSを発表。296 GTBのオープン・モデルです。アセット・フィオラノも同時公開。

フェラーリ296 GTS、登場

フェラーリは、フェラーリ296 GTSを発表した。GTSは「グラン・ツーリスモ・スパイダー」の略。2021年6月に発表された296 GTBのリトラクタブル・ハードトップ版である。

リトラクタブル・ハード・トップをエンジン・コンパートメント内に格納する必要から、フラヴィオ・マンゾーニ率いるフェラーリ・スタイリング・センターのチームは、新しいトノカバーのデザインを考案したという。最高45km/hまでならば走行中でも開閉可能。14秒で動作完了するという。

フェラーリ296 GTS
フェラーリ296 GTS    フェラーリ

パワートレインは296 GTBと同様のV6ターボ・ハイブリッドとなる。バンク角は120°で、総最高出力は830psとなる。

V6ターボエンジンの最高出力は663ps。この後方に収まる電気モーターの最高出力は167psを発揮する。電気のみの航続距離は25kmだという。

アセット・フィオラノ・モデルも

フェラーリは「アセット・フィオラノ」モデルについて「車両の究極のパワーとパフォーマンスを最大限に活用したいオーナーのため」と表現する。

大幅な軽量化やエアロパーツを駆使。主な装備には、GTレースから生まれ、サーキット走行に最適化された特別なアジャスタブル・ショックアブゾーバーや、フロント・バンパーに装着すると10kgのダウンフォースを上乗せするカーボンファイバー製ハイ・ダウンフォース・パーツがある。

フェラーリ296 GTSアセット・フィオラノ
フェラーリ296 GTSアセット・フィオラノ    フェラーリ

また、カーボンファイバーをはじめとする軽量素材をキャビンとエクステリアに幅広く使用している。ドアパネルなど、標準仕様の基本構造を再設計する必要が生じたコンポーネントもあり、その結果、全体で8kgの軽量化が実現したという。

タイヤはアセット・フィオラノのみオーダーできるミシュラン・パイロット・スポーツ・カップ2Rとなる。

いずれのモデルも日本価格は明らかになっていない。

eマネッティーノに4つのモード

パワー・マネージメントを切り替えられるeマネッティーノで4つのモードが用意される。

eドライブ

内燃エンジンは停止し、純粋に電気のみで後輪を駆動。バッテリーがフル充電の状態で25kmの走行が可能で、最高速度は135km/h。

ハイブリッド

フェラーリ296 GTSは、eマネッティーノを用いて4つのモードを切り替えられる。
フェラーリ296 GTSは、eマネッティーノを用いて4つのモードを切り替えられる。    フェラーリ

始動時のデフォルトモード。パワーフローは効率を最大化するようマネージメントされ、制御ロジックが内燃エンジンの介入を決定する。エンジンを稼働すると、車両の最大パワーとパフォーマンスが引き出される。

パフォーマンス

ICEを常に稼働してバッテリーの効率を維持し、いつでもフルパワーが発揮できる状態にする。攻めたドライビングに最適な設定。

クオリファイ

バッテリーの再充電を抑えて、最大のパフォーマンスを発揮する。

記事に関わった人々

  • 執筆

    AUTOCAR JAPAN

    Autocar Japan

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の日本版。

関連テーマ

おすすめ記事

 

フェラーリの人気画像