気高いSUVをお手頃価格で ランドローバー・レンジローバー(L322) 英国版中古車ガイド

公開 : 2022.06.15 08:25

今なら驚くほど手頃な価格で中古車を探せる、3代目のレンジローバー。その魅力を、英国編集部がご紹介します。

BMWジャガーフォード由来のエンジン

レンジローバーという言葉の響きには、気高いものがある。裕福なビジネスマンや、映画スターなどが乗っているイメージを抱くはず。しかし、中古車となれば話は別。3代目となるL322型なら、驚くほど手頃な価格で探すことができる。日本でも。

3代目レンジローバーは、BMWが所有するランドローバーによって開発された。英国での発売は2001年。その頃にはフォード傘下へ変わっていたが、286psの4.4L V8ガソリンと176psの3.0L直6ディーゼル・エンジンはBMW由来のものだった。

ランドローバー・レンジローバー(L322型/2001〜2012年/英国仕様)
ランドローバー・レンジローバー(L322型/2001〜2012年/英国仕様)

その後、BMWのV8エンジンはジャガーのV8エンジンへ変更。自然吸気の4.4Lのほかに、XK8と同じ4.2Lスーパーチャージャーも選べるようになっている。

この4.2L V8は非常にパワフルで、2.5tもあるレンジローバーを静止状態から100km/hまで7.2秒で加速させた。今となっては、やや平凡な数字に聞こえるとしても。

現代モデルに負けない動力性能を求めるなら、2009年に導入された5.0Lスーパーチャージャーが良いだろう。510psという怪力で、0-100km/h加速6.0秒、最高速度225km/hを実現している。フル加速時のノイズも迫力満点だ。

エンジンの選択肢は多く、375psの自然吸気5.0L V8ガソリンのほか、フォード由来のV8ディーゼルも英国では選択できた。3.6Lが271psで、4.4Lが313psを発揮した。

日本へは未導入ながら、走行性能と燃費性能を考えるとディーゼルエンジンが理想的。とはいえ、トヨタプリウスのような好燃費は期待できないけれど。

レンジローバーならどこへでも目指せる

L322型の魅力は数多い。ロンドンの街なかでもまだ姿を見かけるし、郊外のオフロードでもしばしば走っている。その理由は、広々とした車内で利便性に優れるのと同時に、運転が楽しいから。2列目シートも居心地は良い。

インテリアにはふんだんにレザーが用いられ、乗り心地は驚くほどしなやかで、市街地を走ればラグジュアリー・サルーンのよう。ボディサイズは小さくないものの、直立気味の面構成のおかげで想像以上に取り回しもしやすい。

ランドローバー・レンジローバー(L322型/2001〜2012年/英国仕様)
ランドローバー・レンジローバー(L322型/2001〜2012年/英国仕様)

高いドライビングポジションに構え、しずしずと走る風格に浸れば、気分は英国王室。過剰なパワーは振り乱さない方が良いだろう。

舗装路を一歩外れても大丈夫。信じられないほど高性能な四輪駆動システムが、オフロードを難なく突破してくれる。ランドローバーならどこへでも目指せる、という言葉に偽りがないと、レンジローバーでも実感できる。

最新の5代目が発表となったが、価格は驚くほど上昇した。だが、3代目なら英国では2000ポンド(33万円)代から探せる。状態の良いものでも、3万ポンド(489万円)を超えることは珍しい。

これほど多能で贅沢な英国代表のSUVとしては、考えられない低価格といえる。英国王室やジェレミー・クラークソン氏にも愛されたモデルだから、将来的にクラシックとして価値を高める可能性も充分にある。

価格上昇が始まる前に、楽しんでおくのも悪くない。ただし、ガソリン代と整備費用は充分に確保されることをオススメしたい。

記事に関わった人々

  • 執筆

    AUTOCAR UK

    Autocar UK

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の英国版。
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

関連テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        ランドローバーの人気画像