スバルの吉永社長、2代目BRZに言及

公開 : 2014.07.09 22:20  更新 : 2017.06.01 02:12

インダストリー・ジャーナル・オートモティブ・ニュースにスバルの吉永泰之代表取締役が2代目のBRZについて語った。それによれば、「BRZは1世代で終わるモデルではない」とコメントしたという。

何も正式なものではないが、第2世代のBRZもトヨタと共同作業となりそうで、その事業はBMWとトヨタとのジョイントからは影響と受けないという。

スバルは、今年初め、BRZの英国国内での価格を£2,500(44万円)引き下げ、エントリー・モデルを£23,995(418万円)からとした。公式には為替レートによるものとしているが、明らかに販売をテコ押しする目的がそこには見てとれる。

2013年の販売データによれば、英国では1,072台のGT86が販売されたのに対し、BRZは139台であった。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事