先の見えないジャガー 将来の見通しが明らかに 2025年までの計画とは

公開 : 2022.06.29 19:25

今後の見通しが不明瞭だったジャガーですが、ついに2025年に新型車を発売する計画を明らかにしました。JLR幹部はジャガーの「現状」と「3年後」について沈黙を破りました。

ジャガーは今、何をしているのか?

ジャガーが長らく沈黙を守ってきた将来の計画について、ついに明かされるときがきた。

2025年に3台の新型車が登場し、そのすべてが新しいプラットフォームをベースに開発され、EVとなることが決まっている。しかし、まだわからないことがたくさんある。

2020年に公開されたジャガー・ビジョン・グラントゥーリズモSVコンセプト
2020年に公開されたジャガー・ビジョン・グラントゥーリズモSVコンセプト

ジャガー・ランドローバー(JLR)の車両プログラム責任者であるニック・コリンズ以上に、ジャガーの将来を教えてくれる人はいないだろう。

英AUTOCAR編集部はニック・コリンズに独占インタビューを行い、ジャガーの「今」と「未来」について尋ねることができた。

ジャガーは2025年に生まれ変わる

――ジャガー再興の課題はどれほど大きいものでしょうか?

「とても大きなものですが、当社は今、あるべき姿に近づいています。これまでジャガーの将来については触れてきませんでしたが、それは意図的なものでした。(ランドローバー)レンジローバー、レンジローバー・スポーツ、ディフェンダー130の発売を控えており、これを完了させる必要があったのです」

「今、雑念から解放された熱心なチームとともに、新しいジャガーに夢中で取り組んでいます」

――2024年という数字が出ましたね。その意義は何ですか?以前は2025年の改革が語られていました。

ジャガー・ランドローバーの車両プログラム責任者、ニック・コリンズ氏
ジャガー・ランドローバーの車両プログラム責任者、ニック・コリンズ氏

「どちらの年も重要です。2024年には、新しいジャガーがどのようなものかを世界に示し、2025年には、お客様にクルマをお届けすることになります。このクルマをどのように伝え、どのように販売していくかについては、まだ検討中です。アイデアはたくさんあるのですが、どのようにするかはまだ決めていません」

――2025年までの「道のりをキュレーションする」という話がありました。これはどういう意味でしょうか?

「既存モデルをどうするか、ということです。当社はサプライチェーンの問題から、バリエーション数を減らすことになりました。量よりも価値を重視する企業であることについて、多くを学んだのです。例えば、ジャガーFペイスでは、約55ものバリエーションから16に減らすことができます」

「最近の特別仕様車『FペイスSVRエディション1988』はもうご覧になられたかと思いますが、XFやXEでも、そのようなモデルをもっと出していきます。そして来年は、ジャガーのスポーツカー誕生75周年を記念して、Fタイプで何か特別なことをする予定です」

「これは、ジャガー最後のV8スポーツカーになるでしょう。もしかしたら、昔のランドローバー・ディフェンダーのように、とても大きな存在になるかもしれませんね」

記事に関わった人々

  • 執筆

    スティーブ・クロプリー

    Steve Cropley

    AUTOCAR UK Editor-in-chief。オフィスの最も古株だが好奇心は誰にも負けない。クルマのテクノロジーは、私が長い時間を掛けて蓄積してきた常識をたったの数年で覆してくる。週が変われば、新たな驚きを与えてくれるのだから、1年後なんて全く読めない。だからこそ、いつまでもフレッシュでいられるのだろう。クルマも私も。
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

ジャガーの人気画像