史上最速の市販車 ブガッティ、シロン・スーパースポーツ300+の生産終了 30台限定モデル

公開 : 2022.07.25 06:05

2019年、490.484km/hという最高速度を記録し、世界最速の市販車となったブガッティ・シロン・スーパースポーツ300+。限定30台の生産が終了し、すべての顧客への納車が完了しました。

世界記録を打ち立てた「市販車最速」のハイパーカー

ブガッティは、シロン・スーパースポーツ300+のすべての納車を完了したと発表した。世界30台の限定生産が終了したことになる。

2019年に初めて公開されたシロン・スーパースポーツ300+は、ドイツ・エーラ=レッシエンにあるフォルクスワーゲン・グループのテストコースで490.484km/h(304.773mph)という記録的なスピードを達成し、市販車として最速のクルマとなった。

ブガッティ・シロン・スーパースポーツ300+
ブガッティ・シロン・スーパースポーツ300+    ブガッティ

カーボンファイバーむき出しのボディには、2010年に市販車最速を記録したブガッティ・ヴェイロン・スーパースポーツ・ワールドレコードエディションへのオマージュとして、オレンジ色のアクセントが施されているのが特徴だ。

エンジンは、ブガッティ・シロンに搭載されている8.0L W16の改良型が搭載されている。約100psの出力向上を果たし、最高出力1600psを発揮。ロングレシオのトランスミッションにより、最高速度も420km/hの制約から開放され、480km/hを超える。

エンジン、パワートレイン、トランスミッション、ターボチャージャーの改良のために新しい熱管理システムを導入し、ソフトウェアもチューニング。また、全長を25cm延長したロングテールデザインを採用し、空力的な失速を40%以上低減させている。

ブガッティ・オートモービルズのクリストフ・ピオションCOOは、次のように述べている。

「ブガッティの長い歴史の中には、その時代を象徴するようなクルマが存在します。タイプ35はモーターレースを一変させ、タイプ41ロワイヤルは華やかさを再定義し、タイプ57 SCはデザインの新しい基準を打ち立てました。そして今、市販車では不可能と思われていたスピードを実現したシロン・スーパースポーツ300+があります」

記事に関わった人々

  • 執筆

    ジャック・ウォリック

    Jack Warrick

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

ブガッティの人気画像