まるで公道を走るフォーミュラカー BACモノ Rへ試乗 30台限定の347ps 後編

公開 : 2022.09.20 08:26

楽しめるドライバーを選ぶモノ R

モノ Rの英国価格は、オプション抜きで19万950ポンド(約3150万円)から。気安く手を伸ばせる金額ではない。

正直なところ、少し離れた場所への日常的なドライブや、週末のお買い物へモノ Rを使いたいと筆者は感じなかった。ひたすら走りを追求するようなハードコアなドライバーなら、意に介さないのかもしれないけれど。

BACモノ R(英国仕様)
BACモノ R(英国仕様)

普段使いのしやすさや、ドライバー・フレンドリーといった視点では、ラディカルのマシンと同等。ケータハムモーガンと同じ水準にはない。フロントの小さなボンネットを開けば、牛乳パック数本やヘルメットをしまえる荷室があるとはいえ。

筆者より小柄で、フォーミュラカーのようなクルマの運転に慣れているドライバーなら、モノ Rは公道でも素晴らしい体験を与えてくれると思う。サーキットへ向かえば、本領を引き出すことも可能だろう。

しかし雨がちの英国では、多くの人にとって乗れる時間が制限される。なくなった低脂肪牛乳のお使いには、違うクルマを選びたいところだ。

BACモノ R(英国仕様)のスペック

英国価格:19万950ポンド(約3150万円)
全長:4007mm
全幅:1836mm
全高:1085mm
最高速度:273km/h
0-100km/h加速:2.5秒
燃費:10.6km/L(予想)
CO2排出量:−
乾燥重量:555kg(ライトウエイト・オプション装備時)
パワートレイン:直列4気筒2488cc自然吸気
使用燃料:ガソリン
最高出力:347ps
最大トルク:33.5kg-m
ギアボックス:6速シーケンシャル・マニュアル

記事に関わった人々

  • 執筆

    マット・ソーンダース

    Matt Saunders

    英国編集部ロードテスト・エディター
  • 撮影

    ジョン・ブラッドショー

    John Bradshaw

    英国編集部フォトグラファー
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

まるで公道を走るフォーミュラカー BACモノ Rへ試乗 30台限定の347psの前後関係

前後関係をもっとみる

関連テーマ

おすすめ記事