ベントレー W12廃止しV8 PHEVへ移行か 注目は700馬力超のコンチネンタルGT?

公開 : 2022.10.20 18:25

ベントレーは、新しいPHEVモデルのテストを行っていることを明らかにしました。欧州でコンチネンタルGTをベースとするプロトタイプが目撃され、伝統的なW12エンジンからV8 PHEVへの移行が示唆されています。

伝統のW12エンジンより強力なPHEV

ベントレーは、同社の象徴であるW12エンジンを、プラグインハイブリッド・システムに置き換える構えだ。エンジニアリング責任者であるマティアス・ラーベは、V8をベースにする可能性を示唆している。

ラーベはカナダで行われたベントレー・ベンテイガEWBの発表会で、AUTOCARに次のように語った。「これからのプラグインハイブリッドは、すべて今の12気筒よりパワーアップしてほしいですね。パワーの低減は望んでいません」

欧州で目撃されたベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブルのPHEVプロトタイプ
欧州で目撃されたベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブルのPHEVプロトタイプ    AUTOCAR

ベントレーには、3.0L V6をベースとするPHEVパワートレインがあり、最も強力なフライングスパーで543psを発揮する。しかし、コンチネンタルGTスピードの659psや限定生産のマリナー・バトゥールの740psという、W12エンジンのパワーには遠く及ばない。

一方、フォルクスワーゲン・グループ傘下の兄弟ブランドであるポルシェは、ツインターボ4.0L V8をベースとするPHEVパワートレインを採用し、カイエン・ターボS Eハイブリッドで680ps、パナメーラで700psを発生させている。

ベントレーはAUTOCARに対し、2025年までに全車種にPHEVモデルを導入するため、現在プロトタイプのテスト中であることを明らかにした。そして今回、公道で初めてコンチネンタルのPHEVプロトタイプが目撃されたのだ。

このプロトタイプに搭載されるパワートレインについては明らかにされていないが、マティアス・ラーベはV8の電動化を示唆している。

「過去には素晴らしい6気筒エンジンがありましたが、現在のベントレーは通常8気筒か12気筒で、8気筒ベースのハイブリッドが最適だと思います。また、重量配分の観点からも、50:50に近いものが実現できますから」

V8 PHEVが登場する前に、W12は華々しくその役目を終えることになるかもしれない。ラーベは、W12の引退を記念して、高性能な派生モデルのアイデアを温めていると言う。

「バトゥールは、我々がもっと上を目指せることを示しました。750psまでなら大丈夫です」とラーベは語ったが、W12の最終記念モデルがどのようなものになるかは決定されていないとした。

記事に関わった人々

  • 執筆

    マイク・ダフ

    Mike Duff

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

ベントレーの人気画像