ポルシェ・タイカンに高性能モデル? 過激エアロでサーキット走行

公開 : 2022.10.25 18:25

ポルシェ・タイカンの新たなプロトタイプが、ドイツのサーキットで目撃されました。エアロダイナミクスを強化していることから、高性能バージョンと思われます。

過激なエアロパッケージ装着 

ポルシェは、エアロダイナミクスを強化したタイカンの高性能バージョンを開発しているようだ。今回、ドイツのサーキットでプロトタイプが目撃された。

このプロトタイプは、既存モデルよりも明らかに低いプロファイル、大型リアスポイラー、改良されたフロントバンパーなどを備えている。

ドイツで目撃されたポルシェ・タイカンのプロトタイプ
ドイツで目撃されたポルシェ・タイカンのプロトタイプ    AUTOCAR

ポルシェの開発ドライバーであるラース・カーンが運転し、ロールケージとレーシングシートが装着されていたが、その他の詳細は確認できていない。

エアロダイナミクスとダウンフォースの強化が図られていることから、全体的な性能の向上が期待できる。現行のタイカン・ターボSスポーツツーリスモは最高出力761psを発揮し、0-100km/h加速2.8秒と最高速度260km/hを達成しているが、これを上回る可能性もある。

ポルシェはプロトタイプについて公式のコメントを控えたが、性能向上が実現すれば、今年初めにタイカンが打ち立てたニュルブルクリンクでの市販車ラップレコードを更新するチャンスにもなる。

今年8月、ドイツ国内限定のパフォーマンス・パッケージを装着したタイカンは、全長12.9マイルのニュルブルクリンクを7分33秒で走破し、テスラモデルSプレイドに2秒の差をつけた。

このパッケージには、21インチホイールとピレリPゼロ・コルサ・タイヤ、シャシーコントロールシステムの大幅なアップデートが含まれている。

タイカンの新型車は来年末か2024年初頭に発売される可能性が高い。

記事に関わった人々

  • 執筆

    ジャック・ウォリック

    Jack Warrick

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

ポルシェ タイカンの人気画像