ランボルギーニ・ウラカンにRWDモデル

公開 : 2014.08.20 22:40  更新 : 2017.06.01 02:12

ランボルギーニ・ウラカンに、スーパートロフェオのようなRWDモデルが追加される可能性があると、ランボルギーニのCEO、ステファン・ヴィンケルマンは先週行われたペブルビーチ・コンクール・デレガンスの会場で語った。

「ガヤルドで用意したように、オプションとしてラインナップに加えるかもしれない。確かに、われわれは4WDのスポーツカーを生産するメーカーだ。しかし、RWDのオプションを用意してはいけないという理由はない。」

ウラカンのオープン・モデルであるスパイダーは、来年にも追加される予定だ。また、ライトウエイト・バージョンも用意されることとなるだろう。ガヤルドにはスーパーレジェッラのロードゴーイング・バージョンとしてLP550-2バルボーニが生産された。これは250台の限定生産であるが、ウラカンにもこのRWDの軽量バージョンが制作される可能性が大きい。しかもこのRWDバージョンは、通常の4WDバージョンよりも10%ほど価格も安くなるという。

関連ニュース

▶ 海外初試乗 / ランボルギーニ・ウラカンLP610-4
▶ 海外初試乗 / ランボルギーニ・ウラカンLP610-4 (スティーブ・サトクリフ)
▶ 海外ニュース / ランボルギーニ・ウラカンLP620-2スーパー・トロフェオ

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事