アルピーヌA110、ルノー・メガーヌR.S.リコール届出 過給機不具合 A110は燃料ポンプ再リコールも

公開 : 2022.12.08 17:05

ルノー・ジャポンは、2022年12月8日付で、ルノー・メガーヌR.S.、およびアルピーヌA110に関するリコールを届け出ました。

過給機の不具合

ルノー・ジャポンは、2022年12月8日付で、ルノー・メガーヌR.S.、およびアルピーヌA110(2019年6月5日~2022年10月27日製造)計771台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

国土交通省によると、ターボチャージャー(過給機)の潤滑オイルパイプに亀裂が生じてオイル漏れが発生し、車内でのオイル臭や警告灯が点灯することがあり、最悪の場合、発煙に至るおそれがあるという。

ルノー・ジャポンはアルピーヌA110に関するリコールを届け出た。
ルノー・ジャポンはアルピーヌA110に関するリコールを届け出た。

改善策として、全車両ターボチャージャーの潤滑オイルパイプを対策品に交換する。

同様の不具合は13件確認されている。

また、ルノー・ジャポンは同日、燃料ポンプに関して、アルピーヌA110(2018年2月1日~2022年5月24日製造)計1043台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

この不具合は、燃料ポンプのインタンクユニットにおいて、樹脂製インペラーとカバーのクリアランス設計が不適切なため、燃料温度の上昇によって樹脂製インペラーが変形することがあり、カバーと接触、燃料ポンプモーターが作動不良となり、最悪の場合、走行中エンストに至るおそれがあるというもの。

この不具合は、2021年4月13日付けで届出がおこなわれたものと同様だが、対策品についても新たな不具合が判明したため、対象を拡大するなどして再届出がなされた。

燃料ポンプに関する不具合は76件確認されており、対策として、全車両、インタンクユニットを対策品に交換する措置をとる。

記事に関わった人々

  • 編集

    AUTOCAR JAPAN

    Autocar Japan

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の日本版。

関連テーマ

おすすめ記事

 

アルピーヌの人気画像